神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

月別:
2018/07

36349daa337406661ad508b57dfd12b1_s

キッチンのリフォーム費用は業者によって違いがあります。どの程度の費用が必要になるのか、複数の業者に見積りを請求して相場を確認することが重要です。

キッチンのリフォームはそれほど高頻度で行なうものではありません。種類や業者によって価格や性能に違いが存在します。

コストパフォーマンスの優れた最適な料理環境を整えるには、事前に様々な種類のものを比較検討することが重要となります。安い場合には50万円くらいでも工事は可能ですが、良いものは150万円を超えます。予算や用途の考慮が必要です。

キッチンの種類やグレードによって価格は大きく異なります。種類は大きくI型とL型、対面型の3種類に分類できます。それぞれのグレードによって相場に違いが出てきます。

I型は冷蔵庫やシンク、コンロが一直線に並びます。L型はシンクとコンロがL字型に配置されます。対面型はI型と同様に一直線ですが、向かいに作業用テーブルが配置されます。

グレードにはシンプルとスタンダード、ハイスタンダードがあります。グレードは主に素材の違いによって決定されます。ハイグレードの多くは人工の大理石が使用されています。

キッチンにはキャビネットが木製のものやステンレス製のものがあります。また引き出しを静かに閉めるための機構が付いているものも存在します。便利なものほどグレードが上がり、費用相場は高くなります。

I型の相場はシンプルが50万円から80万円、スタンダードは60万円から90万円、ハイグレードは70万円から120万円です。L型の場合はシンプルが65万円から90万円、スタンダードが75万円から120万円、ハイグレードは85万円から130万円とされます。

作業用のテーブルが存在する対面型の場合はシンプルが70万円から100万円、スタンダードが80万円から130万円、ハイグレードは90万円から160万円です。それぞれのタイプとグレードによって価格差があります。

同じグレードで比較するとI型が最も安く、L型、対面型の順で高くなります。費用を安く抑えたい場合にはI型を選択するのが合理的です。価格が安くシンプルで場所を取りません。またレイアウトを変更しやすいというメリットもあります。

L型は導線が短いため、あまり動かずに作業できます。I型よりもキッチンを広く、効率的に使えるのがメリットです。またレイアウトの変更も簡単にできます。

対面型はダイニングからの見た目が良く、家族とコミュニケーションを取りやすいというメリットがあります。近年では対面型を選択する人が増えています。

http://sekidesign.com/

59ff4b61a31829db4464ce8de780fa4b_s

リフォームをしようと考えるタイミングは現在の家の状況や費用によっても異なるが、一般的なタイミングとして考えるべきなのは中古住宅を購入した時や老朽化によって不便さを感じた時です。

そもそも老朽化には密接な関係があって、一般的な住宅は部材や工法の組み合わせによって作られているので、全体的に同じ劣化をするのではなく部分的に劣化していきます。その為、老朽化をしたとしても家全体の立て直しをするのではなく部分的なリフォームで対応可能です。

では、最初に建物全体の築年数から考えるメンテナンスとリフォームのタイミングだが、築5年から10年だと小型給湯器や浴室のドア、さらには天井や室内の壁や外壁にちょっとした破損や汚れが目立ってきます。

ただし、このぐらいであればまだ使えることが多いので工事の必要はなく、メンテナンスを行うぐらいで十分です。ちなみに防蟻処理も5年から10年のサイクルで行います。

続いて築10年から15年が経過すると浴室やトイレ・キッチン・洗面台といった水回りに不具合が現れ始めます。というのも水回りは使用頻度が多く湿気も多い場所なので劣化が早いです。

さらには屋根材や雨樋・外壁は雨風にされされているので劣化している恐れがあります。もしも亀裂などを確認したらすぐに補修しましょう。

築15年から20年が経過すると給排水管や建物の土台など、住んでいるだけでは目に見えない部分まで老朽化が進行します。特に木造建築の場合はシロアリにも注意が必要なので適切なタイミングに着たら大規模な修繕を行いましょう。

建物が建てられてから20年から30年以上が経過していると一般的な住宅の耐用年数と言われる30年を超えてくるので、構造によっても異なるが多くの住宅では増改築規模のリフォームが必要です。

このタイミングならライフスタイルにも大きな変化が起きている可能性があるので、それに合わせて住まいを検討して間取りの変更も検討すると良いです。

このように築年数が短くても子供が生まれたり、子供が独立することでライフスタイルに変化が起こることもありますが基本的なきっかけは2つです。住宅そのものの変化かもしくは住んでいる人の変化なので、そのどちらの動機で行うのかによって適切な時期は異なります。

ちなみに国土交通省が毎年発表している住宅市場動向調査のリフォームの動機について毎年上位に上がるのは家族の人数が変わった、もしくは家族や自分の老後に備える為です。なので、一般的な動機を見ると住宅そのものの変化よりも住んでいる人の変化によって行われる方が多いようです。

http://sekidesign.com/