神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

月別:
2018/01

知らなきゃ損!農地に注文住宅を建てる前に知っておくべき注意点

農地は持っているが、長らく使用されていないためもったいない。
新たに注文住宅を購入しようと思うが、宅地ではなく農地しかもっていない。

こういった状況の人たちは、その農地に住宅を建てようと考えることでしょう。しかし、基本的に農地に住宅を建てることはできません。

なぜなら農地は農業を目的とした土地、宅地は住宅を建てることを目的とした土地と決まっているからです。では農地に注文住宅を建てることは不可能なのか?いえ、そんなことはありません。

「宅地転用」という手続きさえすれば、簡単に農地を宅地に転用できるのです(地域によっては不要)。さて、農地に住宅を建てるための下準備が終わりました。では実際に注文住宅を建てるに当たって、注意すべきことは何なのでしょうか。

~農地に注文住宅を建てる際の注意点~

1. 地盤調査を行う
農地は地盤が柔らかくなっていることが多いため、家を建てても大丈夫な強度なのか事前に調査する必要があります。

住宅は地盤改良や杭などによって支えられて建つため、もし柔らかすぎる場合でも土の入れ替えを行えば問題なく家を建てられます。

2. 時間がかかる
農地に注文住宅を建てる場合、家を建てられる状態にする工事を行うため、もともと整備されている宅地に住宅を建てるよりも時間がかかります。

そのため、早めにアクションを起こすことをおすすめします。

3. 地盤によって費用が違う
地盤によっては工事にかかる費用が異なってきます。

そのため、地盤検査をしないことには、大まかな見積もりも出せないのです。

農地の地盤検査をしたことがある知人がいたら、だいたいの費用を聞くのもいいかもしれません。

4. 施行会社によって見積額が違う
基本的に、宅地転用と地盤調査は施行会社が行ってくれます。

しかし、施行会社によってトータルにかかる見積額が大きく違う場合があるのです。

一社にだけ見積を頼んで、それを鵜呑みにするのではなく、何社か同時に見積りをお願いし、信用のある施行会社を選択することが大切です。

 

さて、いかがでしたか。農地に注文住宅を建てる上で頭に入れておくべき注意点がお分かりになりましたか。

また、農地に注文住宅を建てるための大まかなプロセスも把握できたのではないでしょうか。注文住宅の購入は人生の一大決断ですので、慎重に手続きを行ってください。

みなさんが、使用していない農地を最大限に活用し、素敵な注文住宅を建てることを願っています。
http://sekidesign.com/

posted from instagram


posted from instagram
【liv.diverse】Homifyで特集記事になりました!『家族がそれぞれの居場所で自由に過ごせる住まい』《今回ご紹介するのは、室内にたくさんの居場所が作られたことで心地よく暮らせる住まいです。自分だけでくつろげる快適スペースを見つけながら、同時に家族とのつながりも感じられる一体感のある住空間が見事に実現しています。個性的な外観や、将来的な長いスパンを考えたフレキシブルな作りもこの家の大きな魅力となっています。このプロジェクトは、株式会社SEKI.DESIGNによって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか。さっそく詳しく見て行きましょう!》#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #homify #livdiverse #特集記事

気になる!2世帯リフォームの費用ってどれくらい?

近年2世帯リフォームを検討する家族が増えています。親世代と子世代が近くで生活することで安心した暮らしを送れるからです。また、生活費の削減になるという声も多く聞きます。

光熱費や食費をみんなで共有することによって、1人1人の負担が軽減されるのです。こういったメリットがある2世帯住宅ですが、いざリフォームをしようとすると費用が気になる・・・そんなあなたに、今回は2世帯リフォームの費用について紹介していこうと思います。

先ほども説明したように、2世帯リフォーム後の生活費は少なくなります。また、相続税や住宅ローン税の関係で節税できる可能性もあります。では2世帯リフォーム自体にかかる費用はどうなのでしょうか。全面改修の場合、2世帯リフォームの目安となる相場は1000万程度です。

リフォーム会社紹介サイトホームプロさんによると、2世帯リフォームをした家族の56%以上が1000万以上の予算を費やしているそうです。場合によっては、家族が増えることで増築せざるを得ない状況になり、費用が上がってしまうこともあります。

しかし、部分的なリフォームであればもっと費用を抑えることが可能になります。いくつか例を見ていきましょう。

 階段に手すりを設置:約12万
親世帯が一緒に住むことになったので、安全面を考えてバリアフリーのために手すりをつけました。バリアフリーリフォームは2世帯リフォームでも多い事例の1つです。

 2階にトイレを設置:約50万円
2階にあった押入れ部分を改装してトイレにしました。そうすることで1階と2階に分かれて世帯別に生活をしても不便が解消されます。2階に水回りを設置するのは配管などの都合上お金がかかってしまいます。

 ダイニングの一面改装:約400万円
この家族は母と娘が一緒に料理をし、キッチンを共有するため、ダイニングを広くしキッチンを対面式にしました。そうすることで親子間でのコミュニケーションが増え、みんなで食事を楽しめるような空間づくりができました。

 敷地面積30坪、延床面積50坪の2世帯住宅新築:約3500万
分離型2世帯リフォームの場合、親か子のどちらかの家をすべてリフォームするのが一般的です。1坪の延床面積あたり60~90万のリフォーム代がかかるといわれているため、かなりの費用がかかります。

ご覧のとおり、リフォームの範囲やレベルによって値段は全く異なります。たしかに2世帯リフォームは人生のうちでも大きな買い物です。しかし、土地と一軒家を新たに購入するよりは安くすみます。親世代・子世代がともに安心して快適な生活をするために部分的・全体的2世代リフォームを検討してみてはいかがですか。
http://sekidesign.com/

posted from instagram


posted from instagram
【かたつむりの家】見学会終了!設計関係者を含めると20組以上の方に見ていただけました。風邪気味で声ガラガラの中、しゃべり倒しました。ご協力頂いた皆さま、本当にありがとうございました。m(__)m#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #完成見学会 #かたつむりの家 #ビームスコンストラクション #大盛況でありがたい

posted from instagram


posted from instagram
【かたつむりの家】見学会1日目、大盛況のうちに終わりました。写真はこたつの小部屋。施工はビームスコンストラクションプロデュースはエムトラス#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #かたつむりの家 #完成見学会 #ビームスコンストラクション

わがまま猫もこれで満足!猫と暮らす家づくり

 

猫といえば、気ままで自由奔放なところが愛おしい大人気のペットです。犬と違い散歩にも行かないし、外で飼われることもないため、屋内で過ごす時間がほとんど。

わたしたち飼い主よりも家にいる時間が長いのです。ということは家が猫にとって、快適で楽しい場所でないと可哀そうですよね。

飼い主も猫もリラックスして生活できる家づくりをするために、まず猫の性質とそれに対応する家づくりにおいての工夫を見ていきましょう。

 猫は高いところが大好き
猫にとって天敵がおらず、かつ獲物をみつけやすい高いところはお気に入りのリラックス場所です。
→そんな猫のために設置するのがキャットウォークやキャットステップ。

高いところを猫が歩けるための通路をつくり、そこを自由に行き来できるための階段を作ってあげます。

一階と二階を行き来できることで飼い主と一緒に生活している感も増すことでしょう。猫の運動量も増えるので一石二鳥です

 日向が大好き
太陽に当たることで、運動をしなくても体温をキープできると同時に、ダニの駆除や除菌ができます。
→窓際に猫が日向ぼっこできるスペースや台をつくることで、猫が外の様子の確認やお昼寝をするためのテリトリーとなります。

 隙間があったら入りたい
狭く暗いところは身を守る場所に最適で、安心できます。また、獲物が隠れている可能性もあるのでチェックは怠りません。
→自分の身を守るために警戒心が強い猫が落ち着いて生活できるように、猫のための食事スペースや排泄スペースをつくることをおすすめします。

そのスペースを猫が気に入れば、毎回同じところで食事や排泄をしてくれるようになり、しつけにも役に立つでしょう。もちろん、きれい好きの猫のために、部屋間を自由に移動できるように通路口をつくるのも猫を飽きさせないひとつの手です。

すべてに共通して言えることは、猫と暮らす家づくりには猫の目線にたって、猫の動線を考えることが大切だということです。家の中に行き止まりがあったり、自分のテリトリーがなかったりすると、猫にとってストレスになりますし、のびのびとした生活が送れません。また、家の中では危険もたくさんあります。

キッチンや玄関など、猫が自由に出入りすることで危険が生じると思うところには、柵やぼかしガラス戸などをつけてあげましょう。お互いに存在を感じながらも安全な生活をおくれます。

一日を家の中で過ごす猫にとってなにが快適なのか、一度自分の家を見直してみてはいかがですか。

http://sekidesign.com/

posted from instagram


posted from instagram
【クレバスハウス】この度、Best of Houzz 2018を受賞しました!栄誉ある賞を頂けて嬉しい限りです。全世界4,000万人以上のユーザーが住まいづくりの専門家を選出 世界最大級の家づくりとインテリアデザインのプラットフォームを提供する Houzz Japan 株式会社は、この度「Best of Houzz 2018 (ベスト·オブ·ハウズ 2018)」を発表しました。Houzzでは毎年、世界中に広がる月間4,000万人以上ものユニークユーザーが集うHouzzコミュニティのなかで最も多くのユーザーから支持を集めた、建築家·インテリアデザイナー·施工会社などの専門家を選出し、「Best of Houzz」を授与しています。https:/www.houzz.jp/ideabooks/102618657list#houzz #bestofhouzz2018#award #受賞 #一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan

注文住宅で手に入れるオシャレな玄関デザイン

玄関は、毎日わたしたちを迎え入れてくれます。また、お客さんが訪ねてくるときには、真っ先に目に入るのが玄関でしょう。つまり玄関は家の中で一番人の出入りが多い場所なのです。

そんな玄関が皆さんに明るい気持ちを提供でき、かつオシャレだと気分が上がりますよね。ではどんなデザインが一般的に好まれ、快適な空間をつくってくれるのでしょうか。

今回は開放的・個性的・機能的の3つのデザインに注目していきたいと思います。

・開放的デザイン
まず、玄関を開放的にするデザインがあります。例えば、玄関の横に中庭を併設します。そうすると自然光が入ってきますし、開放的で自然も感じられ、エネルギーを与えてくれます。

他には玄関に階段を設置するというのも開放感を演出する方法の一つです。奥行きが感じられ、デザインにメリハリが出るからです。さらには天井を吹きぬけにしたり、奥行きのある廊下と隣接させたりすることで圧迫感のない玄関づくりができます。

つまり、玄関とほかの空間を合体させ、うまく活用することで開放的なデザインとなるのです。

・個性的デザイン
次に、自分らしさのある個性的な玄関のデザインを紹介します。自分の趣味や好みに合わせて玄関にディスプレイを施すことにより、一気に自分らしい玄関づくりができます。

例えば、お気に入りの車やバイクを玄関に飾ってみたり、好きな絵をディスプレイしてアートギャラリーのようにしたりといった方法で個性的な玄関になります。

・機能性デザイン
最後にご紹介するのが、機能性を重視した玄関デザインです。収納性抜群のシューズクローゼットは、ファミリーや女性に重宝されること間違いなしでしょう。

また、インテリアやかばんなどをつりさげられるデザインも便利ですね。さらには、玄関ホールのスペースを活用して書斎や応接間にする、プライベートとパブリックの共有デザインも最近人気が出てきています。

 

いかがでしたでしょうか。自分が求める玄関デザインはありましたか。

これらすべてのデザインに言えることは、空間をうまく活用することで空きスペースがうまれ、収納や展示、開放感へとつながっていくということです。

ただ、このような空間活用術は建築デザインの初心者が一人で考えていてもなかなか思い浮かばないものです。

だからこそ注文住宅を利用して専門家に相談しながらデザインを練っていくことをおすすめします。玄関は住宅の顔であるからこそ住んでいる人も、お客さんも快適で明るくなるようなデザインにしたいですね。
http://sekidesign.com/

洗練された和モダンインテリア!選び方のコツをご紹介!

住宅のスタイルといえば和風や洋風が定番でしたが、最近人気が上がってきているのがその両方の良さを足し合わせた和モダン。

言葉のとおり和風スタイルを現代的にしたものです。和モダンスタイルのカフェや本屋さんもよく見かけるようになり、なじみがある方も多いのではないでしょうか。

木材本来が持つ落ち着いた色合いを基調とした和モダンは、日本の古き良き伝統美とスタイリッシュな現代建築のコラボレーションによってスッキリした印象を与えます。

今すぐにでも和モダンを家に取り入れるために、インテリア選びのコツを紹介していきましょう。

1. 照明を和テイストにする
和要素が少しもない家を和モダンにシフトさせていくには、部屋の中心にある照明を和テイストのものに交換するのが手軽でしょう。インテリア性の高い照明は一気に部屋をオシャレにしてくれます。

また、和テイストの照明は洋風家具との相性もいいため、和モダンインテリアへの第一歩としてはおすすめです。

ポイントはメインの照明だけでなく、サブ照明や間接照明まですべてを和テイストにすることです。そうすることで部屋全体の統一感を崩さずに調和のとれたリビングをつくれます。

2. カーテンをブラインドにする
カーテンは大きいものなので、これをウッドブラインドに変えるだけで一気に和モダンになります。

部屋がシックな印象にもなるため、洗練された美しさが表現できます。また、ウッドブラインドの代わりに障子を取り付けるのもオシャレですね。

3. 家具は低めなものをチョイス
ソファやテーブルを低めのものにしたり、カバーやクッションをシックなものにしたりすることで、リビングは和の雰囲気になります。

ソファ意外にも座椅子を置くことで、和室を作らなくても和モダンな空間づくりができます。また、ベッドも低めのものを選ぶことで、布団に変更しなくても十分和テイストを味わえます。

4. 壁紙を取り入れる
DIYが流行っている今、自分でも簡単に壁紙を張り替えられるアイテムが販売されています。壁の一部や玄関などに和風壁紙を導入することで部屋の雰囲気はガラリと変わります。昔ながらの塗調の壁紙や和紙風の壁紙をチョイスするのがポイントです。

 

このようにひとつずつ和テイストのインテリアに交換していくことで、和モダンスタイルの快適な空間づくりができるでしょう。

和風のおうちに住んでいる人は畳がもともとあるため、より簡単に和モダンを取り入れられると思います。みなさんも、今大人気の和モダンインテリアに挑戦してみてはいかがですか。
http://sekidesign.com/

posted from instagram


posted from instagram
【キセラ川西せせらぎ公園】新しいプロジェクトがスタート#キセラ川西せせらぎ公園 #一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #設計事務所 #新築 #モダンインテリア #design #architect #architecture #newbuild #moderninterior #japan #ランドブレインとJV