神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

月別:
2017/12

6fea1b0179550d864b1281e3e7755e6f_s

 

こんにちは、株式会社seki.designです。

前回は、注文住宅を考える際の土地探しのポイントをテーマにお話し、土地探しの際には、注文住宅の計画もあらかじめ立てておくことや不動産屋の話はなるべく慎重に聞くこと、周辺環境にとらわれすぎないことが重要だということをお伝えいたしました。

今回も、土地探しのその他のポイントについて詳しくお話させていただきます。

土地探しのポイント その2
<注文住宅に求める条件を整理しておく>
注文住宅を建築する際には、住宅のデザインや土地の条件、住宅にかかる予算など考えなければならないことがたくさんあるということを前回お伝えいたしました。

条件を整理する際には、家族にも住宅について相談しておく必要があるでしょう。一生に一度の注文住宅になる場合が多いですから、家族のメンバー全員がいいと思える住宅を建てたいものです。

家族と注文住宅について考える際には、家族のメンバーがそれぞれ注文住宅に何を求めているか紙に書いたり、記録して置いたりとリストアップしておくことをおすすめいたします。

こうすることで、家族の注文住宅への要望をもれなくカバーさせられます。また、土地の購入前には、一度建築家に相談しておくようにしましょう。土地の状況によっては建てられる家、建てられない家があり、本当にその土地で注文住宅の理想を叶えられるのかを知る必要があるからです。

土地探しのポイント その3
<現地をあらかじめチェックしておく>
土地購入の際には、周辺環境について考えておくこともかなり重要です。やはり、実際に自分の目で見るのとウェブサイトを通して見るのとでは、得られる情報量が大きく異なってくるからです。

検討している土地には、何度か足を運ぶようにしましょう。理由は、土地の状況は時間帯や環境によって大きく変わるからです。あらゆるシーンを想定しておかないと後々後悔することになりかねません。例えば、雨の日と晴れの日では、土地の周辺状況は大きく変わるでしょう。

また、土地の近くに何があるかも見ておきましょう。例えば、幼稚園や保育園が近くにあるとお昼は少し騒がしくなってしまいます。加えて、駅や病院、スーパーなど生活に欠かせない施設には、どのようなルートを使っていくことになるかも予め検証しておくと、購入後にギャップを感じ後悔することを避けることができます。

 

いかがでしたか?

注文住宅とそれに伴う土地探しは一生に一度のイベントです。

絶対に後悔のないようにしましょう。

 

http://sekidesign.com/

posted from instagram


posted from instagram
いつもお世話になってるビームスコンストラクションさんの餅つき&日生の牡蠣バーベキュー大会に参加してきました。毎年29日(ふくの日)に開催されていて、私たちも年末の恒例行事となってます。明月も一人で餅がつけるようになりましたいやー、満腹!最高に美味しかったです。ビームスの皆さん、ありがとうございました!来年もよろしくお願いします!#ビームスコンストラクション #餅つき大会 #日生の牡蠣 #明月と一緒

posted from instagram


posted from instagram
【Liv.diverse】homify 韓国で紹介されました。エキサイトの訳文も下にあるので、最近の翻訳能力がわかります。訳文を読んで意味は解りました^^《일곱 명의 건축주가 전하는 좋은 집 이야기》「마음 한편에 자리하며 언제나 그리움의 대상이 되는 공간, 바로 ‘집’이다. 우리 가족의 소중한 추억이 깃든 세상에서 단 하나밖에 존재하지 않는 공간이기에 집은 장소 그 이상으로서 가치를 지닌다. 학업과 직장을 비롯한 다양한 사유로 인해 잦은 이사를 하게 될수록 집에 대한 그리움은 더더욱 커지기 마련이다. 우리 모두가 과거의 집을 그리워하며, 더 나은 미래의 집을 갈망하는 이유다. 그렇다면 좋은 집이란 어떤 공간일까. 누군가는 한적한 시골에 자리한 작은 초가집을, 또 다른 누군가는 호화로운 고층 빌딩 아파트를 머릿속에 그려보곤 할 것이다. 좋은 집에 대한 외형적인 기준을 딱 잘라 말하기엔 어렵지만, 모름지기 좋은 집이란 거주자의 생활에 불편함이 없어야 하며 가족과 소중한 추억을 담아낼 수 있는 좋은 그릇이 되어주는 공간이 아닐까 한다. 오늘 homify에선, 각자만의 좋은 집을 마련한 일곱 가정의 이야기를 전한다. 사람 사는 냄새가 나는, 일곱 채의 좋은 집의 이야기를 지금부터 시작한다.높은 인구밀도와 땅이 귀하기로 유명한 일본. 그래서일까, 일본에선 뛰어난 공간 활용 아이디어가 돋보이는 단독주택을 어렵지 않게 만나볼 수 있다. 이번에 소개할 주택도 마찬가지로 알찬 공간 구성이 돋보이는 사례다. 설계를 의뢰한 건축주는 주택이 즐비한 주거지역에 조그마한 모퉁이 부지를 얻었고, 건축가는 이 작은 땅을 ‘스킵 플로어’란 설계 해법을 통해 200% 활용하여 아름답고 다채로운 주거공간을 완성해냈다. 매우 압축적인 공간이지만, 입체적이고 개방적인 구조 덕택에 내부에선 답답함이 느껴지지 않는다. 」訳文七人の建築主が伝える良い家の話心一方に位置していつも懐かしさの対象になる空間、まさに‘家’である。 私たちの家族の大切な思い出が宿った世の中でただ一つしか存在しない空間なのでつかんだ場所それ以上として価値を持つ。 学業と職場をはじめとする多様な理由によって頻繁な移ることになるほど家に対する懐かしさはより一層大きくなるはずだ。 私たち皆が過去の家を懐かしがって、より良い未来の家を渇望する理由だ。 それなら良い家という(のは)どんな空間であろうか。 誰かは閑静な田舎に位置した小さいわらぶきの家を、また他の誰かは派手な高層ビルディング アパートを頭の中に描いてみたりするだろう。 良い家に対する外形的な基準をはっきり話すには難しいが、おそらく良い家という(のは)居住者の生活に不便さがあってはならなくて家族と大切な思い出を表わすことができる良い器になる空間ではないだろうかと思う。 今日homifyでは、各自だけの良い家を用意した七家庭の話を伝える。 人生きるにおいがする、七軒の良い家の話を今から始める。高い人口密度と土地が尊いことで有名な日本. だからだろうか、日本では優れた空間活用アイディアが引き立って見える一戸建て住宅を難なく会ってみることができる。 今回紹介する住宅も同じように内容が充実している空間構成が引き立って見える事例だ。 設計を依頼した建築主は住宅が並んでいる住居地域に小さい曲がり角敷地を得たし、建築家はこの小さい土地を‘スキップフロア’という(のは)設計解決法を通じて200%活用して美しくて多彩な住居空間を完成やり遂げた。 非常に圧縮的な空間だが、立体的で開放的な構造おかげで内部では苦しさが感じられない。#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #livdiverse #homify #韓国https://www.homify.co.kr/ideabooks/4501450/일곱-명의-건축주가-전하는-좋은-집-이야기

d6fca72883ecd0679a15893cfc170022_s

 

こんにちは、株式会社seki.designです。

注文住宅にご購入を検討されている皆さん、注文住宅を購入する際には、住宅だけでなく土地のことも考えなくてはならないことをご存知ですか?

ここから一生選んだ土地と付き合っていく可能性もあるわけですから、土地の購入も注文住宅のデザインを考えるのと同じくらい重要です。そこで今回は、土地購入の際の注意点のポイントについて詳しく解説させていただきます。

土地購入のポイント1
<注文住宅のプランや予算を考える前に、土地を購入しない>
家づくりの失敗で多いのが、上記にあるように注文住宅のプランや予算を考える前に土地を買ってしまうということです。

これをしてしまうと、自分が思い描いていた住宅を予算の問題であきらめてしまう可能性が出てきます。基本的には土地を買う前には注文住宅の基礎知識をしっかりと身につけた上で、土地購入を検討するようにしましょう。

そのときに意識しておくべきことは主に3つあります。

1.土地代に予算をかけすぎないように計画するということです。

というのも、土地代もかなりの金額が必要になる上に、注文住宅に必要な額もかなりのもので、注文住宅を建てる際には、建築費や業者への手間料、その他の諸経費など、様々な点でお金が必要になってくるからです。

自分の理想の注文住宅をあきらめざるをえなくならないように、賢い資金計画を立てておきましょう。

2.不動屋会社からの話を完全に鵜呑みにしないということです。

土地購入のプロである不動産屋に話を聞けば、土地探しに関する悩みは全て解決するだろうなどと考えてはいけません。というのも、不動産会社の人は、土地探しには詳しくても建築や金融についてのエキスパートではないからです。

物件についての詳しい知識を持っていても、建築や金融についての知識を持っていないことが多い、あるいは持っていたとしても限界があるため、土地購入後注文住宅を設計したり建築したりする段階のことまでは正しいアドバイスができない可能性が高いのです。

3.周辺環境を考慮に入れすぎないということです。

商店街や駅が近い土地というのはどうしても魅力的に見えてしまいますが、その土地が必ずしもあなたの理想の注文住宅像をかなえてくれる土地だとは限りません。ですので、土地探しの際は、自分がどういった注文住宅を建てたいのかという点まで考慮しておくようにしましょう。

次回も同じテーマで話を進めていきたいと思います。

 

http://sekidesign.com/

posted from instagram


posted from instagram
【双子壁の家】homify韓国で紹介されました。グーグルの翻訳よりエキサイトの翻訳の方が優れていると感じました。〈대지에 맞춘 독특한 외관이 눈길을 끄는 경사지 단독주택〉「단독주택을 디자인할 때 대지 조건과 다양한 도시의 맥락은 건물 형태에 영향을 끼친다. 예를 들어 경사지의 주택은 주변 풍경을 바라볼 수 있는 커다란 창이 있다면 좋다. 또한, 집이 다닥다닥 붙은 고밀도 도심에서는 거주자의 사생활을 보호하는 건물 형태가 중요하다. 더 나아가 삼각형 모서리 땅의 단독주택이 대지 형태를 따라 세모난 모습을 보일 때도 있다. 이런 점에서 이번에 소개하는 집은 독특한 대지 조건을 반영한 덕분에 개성 넘치는 외관을 가질 수 있었다. 도로와 만나는 삼각형 모양의 경사지, 게다가 가파른 언덕에 자리를 잡은 탓에 주변과 높이 차이가 크게 나는 땅이 주어진 대지 조건이었다. 일본의 건축사무소 seki.design은 이러한 점을 고려해 소형 단독주택을 계획했다. 도로와 만나는 서쪽과 이웃을 마주 보는 동쪽에 두 벽을 세우고 건축주 부부의 사생활을 보호하는 것에서 디자인은 시작된다. 두 벽 사이의 작은 틈을 알차게 꾸며 생활공간을 완성하는 디자인 아이디어도 돋보인다. 그럼 사진과 함께 자세한 내용을 살펴보자.」「一戸建て住宅をデザインする時大地(敷地)条件と多様な都市の脈絡は建物形態に影響を及ぼす。 例えば傾斜地の住宅は周辺風景を眺めることができる大きな窓(ウィンドウ)があるならば良い。 また、家がたわわについた高密度都心では居住者の私生活を保護する建物形態が重要だ。 一歩進んで三角形角土地の一戸建て住宅が大地(敷地)形態について年末出た姿を見せる時もある。 このような点で今回紹介する家は独特の大地(敷地)条件を反映したおかげで個性あふれる外観を持つことができた。 道路と会う三角形形の傾斜地、その上急な丘に席を占めたせいで周辺と高さ差が大きく私は土地が与えられた大地(敷地)条件だった。 日本の建築事務所seki.designはこのような点を考慮して小型一戸建て住宅を計画した。 道路と会う西側と隣を向かい合う東側に二つの壁をたてて建築主夫婦の私生活を保護することでデザインは始まる。 二つの壁の間の小さい隙間を充実して整えて生活空間を完成するデザイン アイディアも引き立って見える。」https://www.homify.co.kr/ideabooks/4514193/%EB%8C%80%EC%A7%80%EC%97%90-%EB%A7%9E%EC%B6%98-%EB%8F%85%ED%8A%B9%ED%95%9C-%EC%99%B8%EA%B4%80%EC%9D%B4-%EB%88%88%EA%B8%B8%EC%9D%84-%EB%81%84%EB%8A%94-%EA%B2%BD%EC%82%AC%EC%A7%80-%EB%8B%A8%EB%8F%85%EC%A3%BC%ED%83%9D#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #homify #双子壁の家 #韓国語

4fc4667d386067658ec9c3768e1106c0_t

 

リノベーションを行う上で、家具選びはとても重要です。張り切って家をリノベーションしてみたけれど、イメージがしっくりこない場合は、家具とのバランスに原因があることも多いです。

一方で、なかなかセンスのいい家具選びというのも難しいもの。ここでは、家具選びのポイント、特にソファの選び方についてご紹介したいと思います。

ソファを選ぶうえで、気を付けなければならないポイントは主に3つあります。
一つ目は、サイズの選び方です。ソファのサイズを選ぶ際は、座る人数も大切ですが、それよりもソファをどのように使いたいかを考えることが大切です。

例えば、余裕をもって寝転がりたいなら3人掛けを選び、座ってテレビを見たりすることが多ければ、二人掛けを選ぶということです。またソファの奥行に関しては、奥行きが広いほどゆっくりくつろげるという事。

また自身の体格との兼ね合いも考えて選ぶことが大切です。ソファの高さ、ハイバックか否かに関して言えば、ソファに座って本を読んだり、テレビを見たりする、ひとりでゆっくりとするような状況が多い方には、ハイバックのものを選ぶと良いでしょう。

二つ目の素材の選び方に関して、ソファは最も長く体を触れる家具の一つです。その為、その肌触りや素材感は、ソファ選びの中でも、とても大切です。また人が触れる機会が多いだけに、ダメージやそのメンテナンスの事も考える必要があります。

ファブリック素材のソファは、一般的に肌触りが良く、一年を通して使いやすいソファです。天然レザー素材のソファは、適切なメンテナンスによって、長年使用することが可能になります。

またファブリックに比べてホコリやダニも付きにくいです。合成レザーは、手入れが楽な分、耐用年数は天然レザーのソファに比べて劣ります。それぞれ、肌触りなども体感しながら選ぶことが大切です。

三つ目は、ソファの脚の長さについてです。ソファは他の家具に比べて低いものです。しかし、その中でもソファの「脚」は重要なポイントです。ソファの脚が長いほどカジュアルな軽い印象になります。

しかし一方で、安定感や安心感は印象として少し弱くなります。また脚が長いソファの前には、テーブルなどを置かない方がすっきりとした印象を与えます。「足」が短い、もしくはない場合は、ソファの印象としてどっしりとした安定感を生み出し、存在感を増します。

脚の短いソファの前にテーブルを置くと、その印象も少し和らぎます。また脚に注目する際、他の家具との素材を合わせることも重要なポイントです。

 

今回は、家具選びの中でもソファについてご紹介しました。空間に合う、もしくは空間の印象を左右するソファを選ぶためには、自身のソファの使い方、そして作り出したい部屋の雰囲気を考えることが大切です。

実際に足を運んで色々と体験する中で、あなたの部屋に最高なソファが見つけられるのではないでしょうか。

 

http://sekidesign.com/

posted from instagram


posted from instagram
世界一のクリスマスツリー展望台に登ると幹の鼓動を感じれます。見上げたときの迫力がすごい!#世界一のクリスマスツリー #西畠清順さんが近くのそら植物園で爆笑してた #来年もやってほしい

posted from instagram


posted from instagram
【料和大道】ステキな写真を頂きました。色んな人が生活する神戸らしい一枚。偶然、本日忘年会でお食事させていただきます。楽しみ#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との店舗づくり #設計事務所 #店舗デザイン #飲食店 #ショップ #リノベーション #モダンインテリア #デザイン #restaurant #shop #design #architect #architecture #renovation #moderninterior #japan #料和大道 #忘年会

e7378d4c6009753b8bbd9a1bbff7f91b_t

 

リノベーションを行う上で、家具選びはとても重要です。なぜなら、インテリアによって部屋の印象は大きく左右されるからです。

リノベーションを行った後でも、インテリアの選び方によっては、思っていた部屋のイメージと全く異なったものになってしまうこともあります。

しかし一方で、センスのいい家具選びというのも難しいもの。ここでは家具を選ぶときに気を付けたいポイント、特にダイニングテーブルについてご紹介したいと思います。

1.使う人数の把握
ダイニングテーブルは、部屋の中でも平面で大きな面積を取る家具です。なので、ダイニングテーブルを選ぶ際には、まず使用する人数を把握することが大切です。

2~3人の少人数の場合には、円卓や正方形のテーブルなどがコンパクトで向いていますが、4人以上になると長方形か楕円形のものが向いていると言えるでしょう。

2.天板の素材の選び方
二つ目のポイントは、その天板の素材や雰囲気です。木材を使ったダイニングテーブルは、部屋にも柔らかい印象を与えます。

またリラックスできる空間を作りたいのであれば、木製のダイニングテーブルが適しています。

一方で、フォーマルで高級な印象を作りたければ、石製やガラスの天板のダイニングテーブルが向いています。どちらがより部屋の雰囲気に合っていて、作り出したい空間にマッチしているのかを吟味したうえで、素材を選ぶ必要があります。

3.チェアとの組み合わせ
ダイニングテーブルを選ぶうえで欠かせないのが、チェアとの組み合わせを考えることです。特に組み合わせでは、ダイニングテーブルとチェアの脚の素材や色をそろえることによって統一感を出すことができます。

素材や色など、部分的にしっかりと統一感を出すことができていれば、部屋の印象としてもまとまったものになります。

ダイニングテーブルを選ぶ際は、チェアとの素材や色の組み合わせも考えましょう。

 

いかがでしたか?

今回は、家具選びの中でもダイニングテーブルについてご紹介しました。空間に合うダイニングテーブルを選ぶためには、その使用人数、素材、チェアとのコーディネートを考えること、そして作り出したい部屋の雰囲気を想像することが大切です。

実際に足を運んで色々と体験してみる中で、あなたの部屋に最高なダイニングテーブルが見つけられるのではないでしょうか。

 

http://sekidesign.com/

posted from instagram


posted from instagram
【カタツムリの家】本日完了検査でした。もちろんクリアです♪電柱が邪魔。。。1月20日21日の土日に完成見学会の予定です。明石駅より徒歩15分。バス、たくさん出てます。コインパーキングも近くにあります♪また改めてご案内いたします〜!#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #カタツムリの家 #完了検査 #明石 #実家寄ってくか #完成見学会