神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

月別:
2017/04

【perisco haus】

ハンセムキッチンxモールテックス#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家  #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #モールテックス オーダーキッチン #ハンセムキッチン

ハンセムのキッチンとモールテックスのコラボ

奥には家型に掘り込まれたプレイコーナーがあります。4mの壁付けオーダーキッチンと楕円型格子の天井照明が印象的です。#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家  #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅  #インテリア #ライフスタイル #家 #新築 #モダンインテリア #house #home #interior #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #indirectlighting #格子 #アウトドアリビングの家 #アウトドアリビング #オーダーキッチン #ダイニングテーブルセット

奥には家型に掘り込まれたプレイコーナーがあります。4mの壁付けオーダーキッチンと楕円型格子の天井照明が印象的です。

【perisco haus】

ウィリアムモリスの壁紙。アンティークテーブルセットと埋め込まれた黒い家具、アイアン塗装の黒い梁とが調和しています。奥にはさりげなくスキップフロア。#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家  #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅  #インテリア #ライフスタイル #家 #新築 #モダンインテリア #house #home #interior #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse  #newbuild #moderninterior #japan #吹抜け #スキップフロア #アンティークテーブル #壁掛けテレビ #williammorris #periscohaus

ウィリアムモリスの壁紙。アンティークテーブルセットと埋め込まれた黒い家具、アイアン塗装の黒い梁とが調和しています。奥にはさりげなくスキップフロア。

【Liv.diverse】

色々な高さの空間に様々なくつろぎ空間があります。2階と3階を繋ぐ踊り場にはインナーガーデンが空間を華やかに彩ります。#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家  #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅  #インテリア #ライフスタイル #ライティング #家 #新築 #モダンインテリア #house #home #interior #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse  #lighting #newbuild #moderninterior #japan #Livdiverse #中2階 #インナーガーデン #吹抜け

色々な高さの空間に様々なくつろぎ空間があります。2階と3階を繋ぐ踊り場にはインナーガーデンが空間を華やかに彩ります。

【flare haus】

南側の大きな開口に向かって平面的にも断面図的にも空間が広がります。#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家  #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #新築 #インテリア #ライフスタイル #家 #モダン #個性的 #LDK #リビング #house #home #interior #design #architect #architecture #lifestyle #modern #flarehaus #造り付け家具 #間接照明 #indirectlighting #ordermadehouse #大きなサッシ

南側の大きな開口に向かって平面的にも断面図的にも空間が広がります。

【perisco haus】

浮いた階段と墨モルタルと真鍮目地#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家  #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #新築 #心地よい空間 #インテリア #ライフスタイル #家 #モダン #個性的 #house #home #interior #design #designhouse #architect #architecture #lifestyle #modern #浮いた階段 #真鍮目地 #墨モルタル #perisco haus

浮いた階段と墨モルタルと真鍮目地

6db4b8860e01a7f4e6575e4f0073aa88_s

 

 新しい家電製品やオール電化住宅などが増える今、生活の中で電気を使うことが多くなっており、電気とうまくお付き合いする必要性はますます高くなってきています。

そのため今までに増して節電が重要になってきているのです。節電を徹底して月10万円も浮いたという事例もあるほど、電気代の節約によって生活が変わってきます。 

「そんなことを言われても何をどう節電したらよいかわからない」
 
という人もいるかと思います。そこで、今回は効果的な節電を行うために一般家庭での電気代の内訳を見ていこうと思います。

どの家電が何%を占めているのかを知るのは電気代を節約する上でとても効果的です。なぜなら、電気消費量が多い家電の方がより節約できることが多いからです。

まず、電気代が一番かさむ時期というのはいつなのでしょう。電力消費が最も多い時期は、普段の生活で空調の必要性が出てくる夏(6~9月)と冬(1~3月)です。

そこで、最も効率よく節電を行うために夏と冬の電力消費量の内訳を見ていきましょう。

資源エネルギー庁の統計によると夏は、冷房にエアコンを使う家庭で、エアコンが電力消費量の58%を占めます。エアコンをあまり使わない北海道ではテレビなどが多くを占めるようです。

次に冬ですが、暖房にエアコンを使う場合、エアコン30%、照明13%、冷蔵庫11%となるようです。また、家にいることが多くなり、テレビの電力消費量も増えるようです。

まとめると、夏にはエアコン、冬にはエアコン、照明、冷蔵庫、テレビの節電を心掛ける必要がありそうです。

次に少し切り口を変えて、待機電力の電力消費量に占める割合を見てみましょう。ここで待機電力の説明をしておくと、正式名称は「待機時消費電力」であり、コンセントに接続された家電製品が電源の切れている状態でも消費する電力のことです。

(財)省エネルギーセンターの調査によると、一般的な家庭の全消費電力に占める待機電力の割合は約6%で、これは一般家庭での年間の消費電力の電気代に直すと約6000円になります。

つまり、単身世帯の約1か月分の電気代に相当することになります。待機電力は使用していないときに生じている無駄な電力であるので、節電の必要性があります。 

いかがでしたでしょうか。空調をしてくれるエアコンが多くの電力を消費していました。

また、普段何気なく使っている照明も電気代がかさむ原因になっています。

そして、待機電力も無視することはできません。節電すべき家電やポイントを理解していただけたかと思うので、普段の生活からそこを意識するところから始めてください!

 

http://sekidesign.com/