神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

月別:
2016/02

キッチンにも種類があることをご存知でしょうか。
アイランドキッチンは名前同様に、部屋の中にある島のような形となっています。

 


キッチンと壁が接する部分が無く、開放感があるところがメリットとなります。
視線を遮るものがないので、キッチンとは思えないほど開放感の中で料理をすることが出来ます。

 


キッチンの周りをぐるぐると回って、物が取りやすく、誰かと一緒にご飯の準備もしやすいです。

 


ごはんの準備が出来て料理を運ぶ際にも、自由に移動することが出来るのはメリットとなります。

 


料理を行う以外にも、キッチンの向かい側がカウンターとして利用することが可能なので、収納や食事スペースも取ることが出来ます。

 


アイランドキッチンのデメリットは、開放感があるということは部屋の広さを取ってしまうところがあります。

 


また、部屋中に料理の臭いが広がってしまうところもデメリットとなります。

 


きれいにしておかなければ、来客があった時に、生活感が丸出しなのは印象が良くありません。
アイランドキッチンのメリット・デメリットを理解して、利用しましょう。

 

http://sekidesign.com/

床暖房のデメリット

近年の住宅設備の売り文句とされている床暖房ですが、必ずしもメリットばかりではありません。

床暖房は、床の暖かさを部屋全体に伝えることで部屋を暖めるため、部屋全体が暖まるまでに時間がかかります。
逆に一度暖まるとスイッチを切ってもしばらくは暖かさが続くという利点はありますが、頻繁に外出するなどでスイッチを付けたり消したりする家ではコストが高額になります。

また、床暖房には、電気式と温水式がありますが、電気式は電磁波が発生するため、健康への影響が懸念されます。
温水式では電磁波の発生は抑えられますが、初期費用が高額になるなどのデメリットがあります。
また、フローリング材に無垢材を使いたい場合なども、床暖房は木が温度変化によってダメージを受けるため、無垢のフローリング材などは一部を除いて使用することができず、注意が必要です。
リビングの床に無垢のフローリング材を使用したいと希望される場合は、木材自体の持つ温かみもありますから、床暖房にこだわらずに、採光や間取りの工夫で暖かさを確保する方策を考えることも有効です。

 

http://sekidesign.com/

勉強をする時には、いかに集中力を高めるかが重要になります。

集中力があるかどうかによって、短時間しか勉強をしていなくても効率よく学んでいくことが出来るようになりますので、出来るだけ集中力が高められるようにするといいでしょう。

子供がどこの部屋で勉強をしたとしても、集中力を高められるようにしてあげるようにしなくてはなりません。

そのためにはカーテンの色を変える事です。

カーテンの色を何色にすればいいかというと、明るくて黄色にしてみるといいでしょう。

黄色には集中力を高める効果があるとされていますので、子供が集中して勉強をする為にも最適な色のカーテンだと言えます。

子供部屋で勉強をする子供もいますし、リビングで勉強をする子供もいるでしょう。

リビングや子供部屋のどちらで勉強をしてもいいように、両方黄色いカーテンを選ぶようにすることです。

カーテンの色を変えたくらいでは何も変わらないだろうと思うのであれば、一度試してみる事です。

集中して勉強をさせるようにして、空いた時間は遊びの時間として使わせてあげるといいでしょう。

 

http://sekidesign.com/

カーテンは、多くの場合薄い素材のものと厚地のものの2種類をセットで取り付けます。
薄地のものはレースカーテン、厚地のものはドレープ(襞)カーテンと呼びます。


レースカーテンの色は基本的に白系統が多いですが、厚地のものと同系色で揃えるのも洒落ています(例えば厚地のものが茶色系統なら、生成りやベージュなどにするなど)。


女性や子どもの部屋、あるいは単身生活をする女性や女性のみの世帯の場合、しばしばパステルカラーなどの明るく可愛らしい色や赤・ピンクなどフェミニンな雰囲気の色、花柄やレース柄、あるいは絵本の絵のような動物の柄など女性や子どもに好まれそうな柄のものが選ばれることがありますが、これはその部屋が女性や子どもの部屋であることを強く予測させ、防犯上の危険になるので余りお勧めできません。

 


老若男女を問わず似合う寒色系の濃い色や、茶色系統、黒・グレー系統の無地や幾何学模様の方が、防犯上もより安全です。


外が暗くなって室内で照明を点けると室内が外から見えてしまい、カーテンで目隠しをしても光を通す素材だと影で中の状態が判ってしまいます。
そのため、透けないよう遮光性の高い素材を選びましょう。


 

http://sekidesign.com/

昼間に外は日が当たっているのに家の中は暗いことがあります。
しかも、家の北側の部屋、窓が小さい部屋、廊下などは家のつくりによっては明かりが必要という場合もあります。


こういうとき家の北側に天窓や窓を設ける方法があります。
この場合、南側では直射日光が入るため、光が強すぎて制御しにくいです。


そこで最近では北側の天窓から採光して、天井裏を経由する形で明かりの必要な場所に光を導いてくる技術が開発され、実際に施工業者によっては取り入れているところもあります。


特に北側の天窓は、北半球の日本では北側に傾いた屋根からは直接の日射は入りにくく、ほぼ散乱光のみ入ってくるメリットがあります。
有害な紫外線や赤外線などの熱線を遮蔽した上で光を部屋に入れます。
さらに光を散乱させて部屋の広いエリアを明るくするように取り入れることもできます。


一般に画家のアトリエは北側の部屋に、高い窓を設けて柔らかな光を入れるように作るとされています。
そうすることで一定方向からのソフトで安定した光で画業を営むことができるわけです。
それほど北側の部屋には穏やかで良好な光が取り入れられることを物語っています。

 

http://sekidesign.com/