神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

月別:
2015/07

資金計画のポイント

家とは一生の中でも上位にはいる、大きな買い物のひとつです。 そのため、念入りに資金計画を立てることが重要となります。 家は手に入れたけど、負担や心配が増えてしまうのは意味がなくなるのです。 そこで今回は資金計画におけるポイントをいくつか紹介します。 まず、費用のトータルバランスを考えた資金計画を練るようにしましょう。 物件というのは建てれば終わりではなく、様々なメンテナンス費用もかかるものです。 完成したあとの暮らしを意識することで、建築費用以外にも必要な諸費用などが見えてきます。 次に、自己資金の何割を建築費用にあてるかを考えてみてください。 自分の現在の収入とこれからの予想を考慮して、妥当な値段を決定してみて下さい。 家とは人に安心感を与えるべきものです。 家を心の負担にさせないためには、綿密な資金計画が必要不可欠となります。 自己資金に住宅ローンをプラスして、自分はどれくらいの資金が出せるのか? 慎重に計算するようにしましょう。 しっかりと検討することで、きちんと家に対して愛着もわいてくるはずですよ。 http://sekidesign.com/
多くの人にとって「広い部屋」というのは理想でしょう。 しかし、物理的に「広い部屋」を手に入れることには、限界がでてくるのです。 そこで今回は部屋を広く見せるコーディネートのコツについて紹介します。 まず、壁と床の色を意識しましょう。 床面が広く見えれば見れるほど、部屋全体が広くなったような感覚が味わえます。 これは目の錯覚による作用です。 他にも、家具は低身長に合わせるようにしましょう。 この際、あまり高くしすぎないことがポイントになります。 高さに統一性を見出すことで、清潔感を出すことが可能です。 また適切な高さを選ぶことで、圧迫感を取り除くことができます。 家具やインテリアなどで悩んだ際は「奥行きを持たせるためにはどっちか」という質問をしてみましょう。 奥行きこそが部屋を広く見せる重要な要素なのです。 人間の目は便利にできているため、 床の面積がしっかりと見えており、 奥行きを感じられる部屋であると自然と「広い」と認識してくれます。 広く見える部屋にアレンジすれば、友達にも自慢できますよ!   http://sekidesign.com/
みなさんは毎日食事を楽しむことが出来ます。 ということは、少なくとも一日一回は住居人の誰かがキッチンにたつのではありませんか。 しかし現代キッチン、といっても様々なスタイルがあります。 システムキッチン、アイランドキッチン、対面キッチンなどです。 そのキッチンを自宅に採用するかを悩んだ際、大切にすべきことは作業のしやすさとなります。 まず、重要となってくるのはシンクやコンロの大きさと配置です。 シンクは2つに分かれている方が、洗う際に楽だと思う方も多いでしょう。 住居人数が多い場合は、コンロが多い方が便利となります。 次に動線を意識したキッチンにしましょう。 コンロからシンクまで、調理器具の収納場所からコンロまで、近くなければキッチン内をぐるぐると回らなければならない状況です。 これでは非常に効率が悪くなります。 最後に、ダイニングとの関係を考えてプランニングすることも重要です。 幼い子どもがいる家庭であれば、ダイニングとキッチンは同じ方が安心となります。 様々な観点から考えることで、満足のいくキッチンを手に入れることができるでしょう。 http://sekidesign.com/
「平等」というのは、大切なことです。 それは商品であっても、サービスであっても共通しています。 年齢、国籍、性別によって利用できるか否かが決定してしまってはいけません。 そこで生まれたのが「ユニバーサルデザイン」という考え方です。 ユニバーサルデザインを利用した、ということはすなわち「誰でも使えて手に入れることができる」ということを意味しております。 似たような意味合いを持つ言葉で「バリアフリー」という言葉があるのです。 しかしバリアフリーは障壁をなくす、という行動をさしますが、 ユニバーサルデザインはそもそも障壁を最初から取り除いておく、という思想となります。 例えば階段がある場所にエレベーターを後から設置することはバリアフリーとなり、最初からスロープにしておくことがユニバーサルデザインです。 他にもユニバーサルデザインの多くは、使い方が簡単にわかるようになっており、少ない力で効率的に利用できるでしょう。 使うときに適当な広さがある方が良い、といった制限はあったりもしますが、高齢者といった方などに特に楽に使えるといって感謝されているのが現状です。 http://sekidesign.com/

収納スペースのコツ

世界的に見ると、日本の物件は小さい、とよく言われます。 それは確かに事実です。 そこで重要になってくるのが、賢く収納スペースを確保することとなるでしょう。 そこで今回は収納におけるコツをいくつか紹介します。 まず、大前提として収納には2種類あることを理解しましょう。 収納には大きく分けて飾る収納と隠す収納があります。 見えても良いもの、あまり見せたくはないもので分別すると良いでしょう。 もし見えても良いものがあまりにも多い場合は、その中でも優先順位をつけると収納しやすくなります。 次に、使う頻度に応じて収納場所を決めることが大切です。 よく使うものは取りやすいところに、反対に季節ものなど使用頻度が少ないもの、 また、使用時期が決まっているものは多少取り出しにくいところに収納しても不便は感じません。 次は具体的に置き場所を決めましょう。 まず、飾る収納は部屋の用途や雰囲気に応じたスタイルに合わせて決定します。 隠す収納は場所や目的に応じて、分別しましょう。 どこにしまったのかがすぐに分かるのが「賢い」収納の要素です。 使いやすく効率的な収納を心がけて、一度大掃除をしてみてはいかがでしょうか? http://sekidesign.com/
物件を建てる時、間取りを考えるという過程があります。 間取りを考えることが重要な理由は、間取りを慎重に決めなければ極めて不便な物件が出来上がってしまうからです。 そこで今回は間取りを考えるときのポイントをいくつか紹介します。 まず、最初に家族の構成や1日の生活スタイルをイメージしましょう。 朝が忙しい家庭であれば、洗面所からリビング、キッチンなどの動線はしっかりと確保したいものです。 その後の要素は、家族構成によって変化します。 子どもがいる場合は、常に様子を把握できるような部屋のつながりを意識すると良いでしょう。 二世帯住宅であれば、基本的に直線で移動できる作りにすると利便性が上がります。 他の部屋とのつながりを重視して考えると、快適な動きが確保できるのです。 将来の間取り変更も念頭に間取りの決定することを勧めます。 考えていくうちに「ここはどうしたらいいんだろう」と疑問が浮かぶこともあるでしょう。 その際は、ぜひ我々にお気軽に質問してください。 http://sekidesign.com/
みなさんはどのような家に住みたい、と考えますか? きっと、みなさんも一度は「理想の家」をイメージしたことがあるでしょう。 家族で住む時、重要なのは家族の理想を兼ね備えた家にすることです。 家族全員が満足できる家にするためには、どうしたら良いのでしょう。 そのためのコツをいくつか今回は紹介します。 この段階で理想を全て出し切ることが大切です。 たとえ完璧な家がイメージできたとしても、現在の住まいや暮らし方の不満も書き出して本当に抜けていないか振り返りましょう。 まず、家族みんなから具体的な希望を聞きくことからです。 白を基調とした家にしたいのか、窓は多めがいいのか、 どのような部屋が良いのか、じっくりと話し合うこととなります。 次に、こだわりたい順番に優先順位をつけましょう。 特にリビングや玄関のいった家族の中での共有部分については、意見をすり合わせておくことが重要となります。 せっかく一緒の家に住むのです。 全員が快適に感じられる「理想の家」を手に入れましょう! http://sekidesign.com/
日本における土地の多くは都市計画法による「用途地域」に属しております。 用途地域が指定されていない地域である「白地地域」以外は全て決定されているのです。 自分が家を購入する際、その地域がどの部分に属しているかを検討することが重要となります。 属す用途地域によって、高層のアパートやマンションが多い地域なのか等がわかるのです。 新たに地域で物件を探す場合は、用途地域の確認を事前に行いましょう。 その用途地域の特徴が分かった後でも、即座に判断してしまうのではなく長・短所の両方を見ることが重要です。 ポイントとしては準住居地域や近隣商業地域であれば、カラオケやパチンコ店等が多い場合があるので、夜が騒がしいのが苦手な方であれば避けることを推奨します。 住居専用地域であってもいくつかに分別されているので、その中での特徴をつかむことが重要となってくるでしょう。 自分のライフスタイルをしっかりと把握することで、どのような用途地域が最適か見えてくるでしょう。   http://sekidesign.com/
「注文住宅」という言葉は、最近よく聞くようになりました。 注文住宅というと高額なイメージをお持ちの方も多いのですが、なぜ人気なのでしょうか。 今回はそういった注文住宅のメリットについて解説いたします。 まず、注文住宅における最大のメリットは理想のライフスタイルを手に入れることができることです。 間取りに自由がでるため、自分や家族のライフスタイルに合わせた間取りに調整することができます。 動線を意識した上でつくると、快適さに加えて利便性も向上するでしょう。 次に、こだわりを突き通すことができます。 家を建てる際、ある程度は型が決まっています。 しかし注文住宅にすることで、独自のデザインを採用することができるのです。 ふんだんにこだわりを入れることで、自分の家に今までにない愛着が湧いていきます。 注文住宅とは、思い描く新しいライフスタイルを始めるために効果的なのです。 理想を手に入れるための投資、だと思うことができれば注文住宅の価値は確実にアップすることでしょう。   http://sekidesign.com/
インテリアを考えるとき、家具の色は重要なポイントです。 さらに言えば、お部屋の雰囲気を考えながら、 壁やお家全体とマッチする家具の色を選ぶことが大切です。 例えば、北欧風のインテリアにしたい場合は、 壁は特に白を使用します。 そしてブルーやグリーンを差し色に使用します。 そこで、ブルーやグリーンをナチュラルに引き立てる為にも、 家具にはいわゆる北欧家具のような ナチュラルな色合いの家具をするのがいいでしょう。 和風モダンなインテリアが好みである方なら、 黒を効果的に使えば、どっしりとした感じを 残しつつもモダンな雰囲気のインテリアに 仕上げることができます。 黒と赤みの強い茶色、 そして白の三色を上手く使えば 少し妖艶な雰囲気もプラスする事ができます。 緑や青、紫等の色を効果的に使うのも良いですね。 特に植物でこれらの色を使っていくと お部屋にとけ込みつつ鮮やかな印象になります。 これらのように、自分のしたいお部屋の雰囲気、 スタイルに合わせてインテリアの色、 家具を選んでいくのが重要ですね。