建築か建売か?両者を比較してみた|3つの違い

d7ef1c724c2c3e605f78d7cb2af4cbae_s

自分の家を持つ場合に、建築と建売の二つの方法があります。この二つの方法を比較検討して自分に合っている方を選ぶようにしましょう。

建築と建売には主に3つの違いがあります。

まず一つ目の違いは価格です。前者の方が後者より高いです。自分で建てる場合と完成した住宅を購入する場合だったら、500万円から1000万円程度の違いが出ることがあります。この違いは大きいので、用意できる予算をしっかりと把握してから決めましょう。

二つ目の違いは自分の好みに合わせた家づくりです。建築だったら自分の好みに合わせた家を建てるのは可能です。建売の場合は自分の好みに合わせた家を建てることができません。

しかし、自分の好みに合った家を探すのは不可能ではありません。多くの家が建てられているので、その中から探すようにします。現在はインターネットを使えるので、家を探すことはそれほど難しいことではありません。

好みに合わせた家を作るのは、やや難しいプロセスです。自分でも家のことを勉強して、それを家づくりに反映させる必要があります。勉強を苦痛に感じないで資金の余裕があれば、自分の希望通りに家を建てられます。

三つ目の違いは、場所になります。建築だったら、ある程度自分の希望の場所に家を建てるのが容易です。建売だったら、希望の場所に家が見つからない場合があります。これが一番重要なポイントになります。

例えば会社員の方だったら、通勤に便利な土地を選ぶのが正しい方法です。通勤に時間がかかったら、身体的な負担が大きくなります。病気になって会社を休むことが多くなったら、ローンの支払いが難しいことも出てくるでしょう。土地選びは慎重にしなければなりません。

家族のことも考えておく必要があります。小学生や中学生、高校生をお持ちの方だったら、子供さんの通学に時間のかからない場所を選ぶ必要があります。建築を選択すれば、通勤に便利で学校にもすぐに通える所に家を建てるのは可能にできます。

ただし、建売でもこれらのことは可能になることが多いです。このタイプの住宅を作って、販売する会社も利便性のことは重視しています。そのために生活しやすい所に家を建てます。生活がしやすい家は人気があるので、早めに選ばなければなりません。この点はハードルの一つと言えるでしょう。

いろいろな会社とつながりを持って、その会社の最新の情報に注意しておけば、便利が良くて生活が快適な家を購入できます。このような条件を満たす家は高額のこともありますが、自分で作るよりはコストを抑えられます。

http://sekidesign.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>