犬と暮らす家づくり:快適な毎日を過ごすために取り入れたい3つのポイント

犬と暮らす家づくり。快適な毎日を過ごすために取り入れたい3つのポイント。

 

「家族同様の犬と一緒に、快適に暮らしたい。」
「犬も人間も、ともに健康に生活できる家づくりがしたい。」

上記のようなお考えを、お持ちではありませんか。
近年、室内で犬を飼う方が非常に増えていて、それに伴い、犬とともに暮らす家づくりに、注目が集まっています。犬はペットととはいえ、家族の一員です。同じ家でともに生活するなら、人にとっても犬にとっても、快適に暮らせるような工夫をしたいですね。

今回は、犬とともに快適に暮らせる家づくりのポイントを3つご紹介します。

●ポイント1 滑らない床材を用いる
犬は、部屋や廊下を走り回ります。床が滑りやすいと、犬の脚にかかる負担が大きくなります。特に廊下や、その曲がり角で、犬が走って踏ん張りがきかず、滑ってしまうと、骨折や股関節の脱臼の危険性が高くなります。

また、犬だけでなく、人にとっても滑りやすい床は、大変危険です。注文住宅を購入する際は、滑らない床材を用いることをお勧めします。

●ポイント2 階段などの段差を、なるべく低くする
犬は猫と違い、あまり高くジャンプができません。また、ジャンプした際の足腰の負担が非常に大きくなり、けがにつながります。犬に階段を上らせることは、避けたいことですが、必要な場合は、できるだけ段差を低くしましょう。

また、つまずきやすい段差を解消することは、高齢の方やお子さんなどが、つまずく危険性を減らせます。特に高齢の方は、つまずいて転んでしまっただけでも、骨折する可能性があります。

一度骨折すれば、なかなか治りにくく、場合によっては寝たきりになってしまうかもしれません。そのような危険性を減らすために、段差はなるべく低く設計しましょう。

●ポイント3 ゾーニングを行う
ゾーニングとは、家の空間、いわゆるゾーンを分けることです。家には、犬の立ち入りを避けたい場所が、いくつかあります。例えば、玄関は来客が訪問する場所です。犬は人にかみついてしまう可能性がありますね。かみつく習性のない犬であったとしても、来客が嫌がる場合があるのです。

また、キッチンは、本来人間が食べる物を調理する場所です。犬が食べてはいけないものが多く存在します。それらを落としてしまい、犬が誤って口にした場合は、大変危険です。このような危険性を減らすために、犬が立ち入ってはいけない場所には、柵を設けるなどの対策を行いましょう。

〇最後に
今回は、犬とともに快適に暮らすための、家づくりのポイントを3つご紹介しました。人間にとっても、犬にとっても、けがや病気のしない健康な毎日を過ごすことが大切です。犬と一緒に暮らす家づくりを検討する際は、上記の3つのポイントを、ぜひ取り入れてみて下さい。

http://sekidesign.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>