フローリング選びのコツ!寒さ対策編

c97181ed3444932b7044aec53599807b_s

 

前回の記事では、北欧風のデザインを持ったフローリング素材として「無垢フローリング」をご紹介しました。

無垢フローリングは、100%天然の木材を使用しているため、木のぬくもりが感じられ北欧風の部屋には最適な素材であることを理解していただけたと思います。
今回も引き続き、部屋の雰囲気やこだわりに合わせたフローリングの選び方をご紹介していきます。

・フローリングを工夫して寒さ対策
秋から冬にかけて足元が異常に冷えることはよくありますよね。
いくら暖房やストーブをかけても足元はなかなか温まらず、冬場は足元の冷えに悩まされている方は多いと思います。

冷気というのは、暖気と比べて比重が重く、下に集まりやすい傾向にあります。
ですので、秋や冬に部屋の中が暖かくても足元だけが冷える「底冷え」という状態になるのですね。

足元を温める一番の方法は、やはり床暖房を設置することでしょう。
しかし、マンションに住んでいる人が床暖房を設置することは容易なことではありませんし、床暖房が付いていたとしても光熱費が高くなってしまいます。
もっと手軽に床暖対策はできないのでしょうか。

・コルクマットを敷く
床暖房を除いて、底冷え対策として有効的なのが断熱材を敷くことです。
底冷えの原因の一つに、外気から侵入してくる冷気があります。
断熱材を敷くことで、この冷気をシャットアウトするので、床材からくる底冷えに非常に効果があるのです。

その中で、なぜコルクマットかというと、コルクの熱伝導率は毛布とほぼ同じで断熱性が非常に高い素材だからです。
そのため、外部からの冷気を遮断し、足元と部屋の適温を維持することができます。

また、コルクマットは結露対策にも効果的であると言えます。
ストーブなどは部屋の空気を燃やして熱を発生させるため、空気を燃やす際に水蒸気が発生してしまい結露ができてしまいます。

ですので、暖房器具をやめてコルクマットにするだけでも大きな暖房効果が得られます。

加えて、赤ちゃんがいる家庭にもコルクマットは効果的な断熱材です。
底冷え対策として床暖房を使用していると、赤ちゃんの脱水症や低温火傷の心配があります。

しかし、コルクマットは寒さ対策に加え優れたクッション性があるため、赤ちゃんにも優しい断熱材なのです。

いかがでしたか?
床暖房やストーブではなく、コルクマットを用いることで費用も抑えられ高い断熱効果が期待できることを理解していただけたと思います。

また、赤ちゃんがおられるご家庭には非常におすすめ断熱材となっています。
次回も引き続き、部屋の雰囲気やこだわりに合わせたフローリングの選び方をご紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>