犬が暮らしやすい快適な環境づくり 優しいフローリングを使ってあげよう!

犬が暮らしやすい快適な環境づくり 優しいフローリングを使ってあげよう!

 

前回に引き続き、ペットが暮らしやすい快適な環境づくりについてお話していきます。
前回の記事をご覧になっていない方は、そちらも併せてご覧ください。

・犬にやさしいフローリングを使おう
犬を飼うにあたって注意しないといけないことがあります。
それはフローリングです。
案外、軽視してしまいがちなフローリングですが実はものすごく大切なのです。
なぜかというと、室内で飼われているおよそ8割もの犬が、フローリングが原因で病気やケガをしてしまうのです。
厄介なことに、犬にフローリングの影響があらわれてくるのはと犬が年を取ってからのです。
今までずっと元気に走りまわって過ごしてきたからといって安心できるものではないのです。
若いころは症状が出ないかもしれませんが、ダメージは少しずつ蓄積されていきます。
実際に、ある日突然、足をひきずるようになったり腰を痛めて歩けなくなったりする犬もいるので注意しておかなければいけません。
では犬にとってどんなフローリングがよくて、どんなフローリングがだめなのでしょうか。
具体的に見ていきましょう。

・犬にやさしいフローリングとは?
一番おすすめなのが、杉やヒノキなどをつかった無垢のフローリングです。
これらは針葉樹であり、柔らかいという特徴があります。
ですので、犬の足や腰への負担が比較的軽減されるのです。
反対にあまりおすすめできないのは、ウォールナットやオークを使ったフローリングです。
なぜかというと、これらの木は広葉樹であるので、針葉樹に比べてかたいです。
かたければかたいほど、犬の負担になってしまうのでできるだけ避けるほうが良いでしょう。
どうしても、かたいフローリングにしたいという方は、クッション性のあるカーペットを使用することをおすすめします。
カーペットをひけば犬も滑らずに走り回れるので、負担が軽減されますね。
いずれにせよ、犬と共に暮らすなら、しっかりと犬のことを考えた家づくりを考えましょう。

いかがでしたでしょうか。
犬は腰が痛くても口で訴えることができないので、あらかじめ犬に最適なフローリングにすることをおすすめします。
今回で、ペットが暮らしやすい快適な環境づくりについてのお話はおしまいです。
犬を飼っている方は、犬に関する正しい知識を身に着けて、それを反映させた家づくりが必要になってきます。
今までの記事を参考にして、人間と犬が共に快適に過ごせる家づくりを実現させてください!

 

http://sekidesign.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>