北欧風の部屋を作るコツ ~インテリアの選び方2~

35985244f14edd5a7040ab92435bb6ab_s

 

部屋の雰囲気を北欧風に演出する場合、ナチュラルさを意識したインテリア全体のテイストと、木の温もりを感じさせる素朴なデザインの家具やファブリックのほか、照明器具もシンプルにこだわりたいものです。

照明のムードが加わることで、さらに完成度が高まります。北欧らしさが感じられる照明器具から好みのタイプを探して、生活空間に取り入れていきます。

真冬の北欧は早い時間から長い夜を迎えます。

15時頃には日没を迎え、朝日を拝むことができるのは、なんと翌朝の9時ごろ。1日のほとんどの時間を、薄暗い状態のなか過ごすことになります。

そのため、北欧の人々の照明へのこだわりは温暖な国に住む者の感覚のはるか上を行き、居心地の良さをも照明によってさらに高めるという高度なセンスを持つに至りました。

長く暗い夜を少しでも快適に過ごすため、間接照明を効果的に用いてあたたかさを演出し、ゆったりとした居心地の良い部屋になるよう配慮します。

長時間過ごしても目に負担がかからない柔らかな光で部屋中が満たされることを考えて、なるべく蛍光灯以外の照明器具を選びます。

蛍光灯のまぶしい明るさでは醸し出せないリラックスムードが部屋いっぱいに広がります。

また、北欧のデザイナーが手掛けた北欧照明と呼ばれるタイプの照明器具の人気も高まっています。

シンプルでありながらナチュラルな温かみを持つ北欧らしいデザインの製品や、北欧で作られた輸入物の照明がそう呼ばれています。

自然の風合いを生かした天然ウッドを利用したペンダントライトなども、北欧照明として親しまれるようになりました。

北欧照明の特徴は、何といっても北欧風インテリアに合う温かみのあるおしゃれなデザインです。室内全体のテイストがシンプルで北欧家具などの導入がまだであっても、北欧照明一つでたちまち北欧風の部屋が完成するほどのインパクトです。

置く場所を選ばないデザインのものが多いので、リビングやダイニング、玄関などに置いてお気に入り空間を増やすことができます。

天井に引掛シーリングがついていれば、大がかりな設置工事をしなくてもペンダントライトを簡単に取り付けることが出来ます。

北欧風のペンダントライトが急速に人気を高めている昨今、デザインの種類も豊富になり、購入しやすい価格帯の製品も増えています。

ウォールシェルフに小物を置くことで、北欧風ペンダントライトの演出力との相乗効果により、北欧風インテリアの雰囲気が最高潮に高まります。

洗面所やトイレなどにはウォールステッカーを活用するという手も。北欧らしさあふれる柔らかな照明との調和で、ゆったりと居心地の良い空間となります。

 

http://sekidesign.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>