神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

5.介護リフォームの補助金をご存知ですか?

 

家族が高齢になったり、持病が悪化したりといった理由で、今の家では十分な介護ができないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

特に車いすなどを日常的に使うようになったのであれば、家をバリアフリーにリフォームする介護リフォームが必要になってくることでしょう。

介護にもお金がかかるのに介護リフォームにも多大な費用がかかるのかと思っている方に知っておいてほしいことがあります。

それは、介護リフォームには補助金が出るということです。

今回は、この介護リフォームの補助金について詳しく紹介したいと思います。

初めに、介護負担が適用される人は要支援または要介護1~5と認定されている方で、
在宅で生活し、住宅改修が必要とされる人となります。

20万円までの介護改修については1割の自己負担でリフォームすることができるのです。

20万円というのは、一度に使い切る必要はなく、数回に分けて改修工事をする場合もできるので、いくつかの場所をリフォームすることを検討してもよいでしょう。

次に、この介護保険が適応になるには、リフォーム条件があるので、そちらも紹介します。

まず、玄関や廊下、階段、トイレ、浴室、洗面所などの屋内に設置するてすりや、玄関から道路までの屋外のてすりがあげられます。

また、引き戸のレールや敷居の段差をなくすためのリフォームも適用されますし、
玄関や浴室の出入り口などの段差をなくすことで、車いすの方などは、特に毎日生活しやすくなるでしょう。

そして、やはり床が滑りやすかったり、畳だと、車いすの方は生活しにくいですし、
歩行時に滑りやすく、危険なものですよね。
そういった場合も、畳をフローリングに変え、硬い床材に変更するのも補助金の適用の範囲内になります。

他にも、開けにくい開き戸を引き戸に変えたり、握力のない方でもあけられるようなシステムを導入することもリフォームの条件内となります。

このように、補助金は案外いろいろな場所のリフォームにも適用されるのです。

さらに、各市町村で介護保険制度とは別に高齢者向けや障がい者向けに住宅改修に助成金を支給しているところもあるので、自分の住んでいる市町村でどのような助成金制度があるのかも確認しておきましょう。

こんな場所は適用されないと思っていたという場所も補助金の対象に入っているかもしれないので、
介護を必要とする方のためのリフォームを行う場合は、相談してもいいかもしれません。

http://sekidesign.com/