神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

外壁塗料の塗り替えや窓のガラスを交換する際に、機能的な意味で耳にする機会が多くなった断熱と遮熱の違いをご存知でしょうか。

漢字が似ていることもあり、本当の違いを説明できる方は少ないです。

簡単に説明を行うと、遮熱は太陽光を反射させることを言います。

断熱は、熱が移動するのを遮断することを言います。

遮熱効果だけでは、内部の熱が外に逃げてしまいますが、断熱効果も備わっていれば内部の熱を外に逃さないようになるのです。

また、遮熱効果だけでは、冬の暖房効率は悪いものになってしまいますが、断熱効果とプラスさせれば冬の暖房効率も良くなります。

遮熱効果は、熱場の太陽光の熱を跳ね返すため、外壁や屋根のダメージを抑えて涼しく快適に過ごすことが出来る住環境を実現することが可能です。

冬場に暖房で室内を暖めていても、熱が外に逃げる一方であれば、一向に暖かくなることがありません。

内部の熱をブロックし続ける効果を期待出来ることや、夏場の冷房を外に逃がすこともないため、断熱効果は一年中使える機能性が高いものと言えます。

もっと詳しく知りたい、試してみたいという方は、ご相談くださいね。


http://sekidesign.com/