神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

23509622_s

北側の窓は日当たりが悪く暗くて寒いため、住宅を選ぶ際や注文住宅を建てる際に敬遠しがちであるという方は多くいらっしゃることでしょう。
しかし実は、北側に窓を設置するメリットは多く存在します。
そこで今回は、注文住宅の北側の窓のメリットと、注文住宅の北側に窓を設置する際の注意点についてご紹介します。

□注文住宅の北側の窓のメリット

まず、注文住宅の北側の窓のメリットについてご紹介します。

1つ目は、安定した光を得ることができることです。
北側からの光は、東・西・南側からの差し込むアクティブな光に比べて、安定した光であることが特徴です。

2つ目は、直射日光を遮蔽する必要がないことです。
特に夏の西日は厳しいということから、西側に窓がある場合は、直射日光を遮蔽する必要があります。

しかし、北側に窓がある場合は、北側からの光は柔らかな光であるため、直射日光を遮蔽する必要がありません。
そのため、北側に美しい景色があるのであれば、北側に大きく窓をとることが可能です。

3つ目は、天窓を設置できることです。
強烈な直射日光が差し込んでくる南側ではなく、優しい光が差し込んでくる北側に天窓を設置することで、快適に採光や通風を行うことができます。

□注文住宅の北側に窓を設置する際の注意点

次に、注文住宅の北側に窓を設置する際の注意点についてご紹介します。

1つ目は、断熱性の高い窓にするということです。
断熱性の高い窓は、西側からの厳しい直射日光を遮るだけでなく、冬場の寒さをしのぐ効果もあります。

2つ目は、洗濯物を干すという目的には向いていないことです。
北側の窓はあくまで優しい光を取り入れることが目的であるため、洗濯物を干すという目的には向いていないことに注意する必要があります。

3つ目は、近隣に住む方の視線を確認することです。
日本の住宅は多くの場合、南側にリビングがあるため、北側に窓を設置すると向かい側の家から家の中を見られてしまう可能性があります。
そのため、近隣トラブルを避けるためにも、シェードを付けたり窓の大きさや位置に配慮する必要があります。

□まとめ

北側の窓は敬遠されがちですが、本記事でご紹介させていただいたように、北側に窓を設置することのメリットは多く存在します。
また現在では、家づくりのための素材や技術が飛躍的に向上しているため、北側に窓を設置しても冬の寒さを防ぐことが可能です。
注文住宅を建てる際は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

 

http://sekidesign.com