神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

制震とは

地震対策の中に耐震と制震の違いがありますが、どちらも大きな地震が起きたときに揺れに耐えることを言います。

 

両者に明確な違いはありませんが、基礎部分に耐震ゴムなどで対策をとられた建物を耐震構造と言い、建物の中間階で制震ダンパーなどを用いて揺れを吸収する対策をとられた建物を制震構造と言い区別しています。

この区別は明確なものではありませんが、耐震構造と言われるものの中に、耐震ゴムにより建物に入る地震力を弱める工法を取るものがあります。

制震とは地震力を制御するという意味ですが、制震ダンパーが使われているタイプを指すのが一般的です。

このダンパーは大きな揺れを建物に取り付けた特殊な装置により吸収し、熱エネルギーとして発散してしまうものです。

ダンパーが用いられるのは新築の建物よりも、耐震改修が行われる建物で多く使われます。

地震対策はさまざまな方法でなされ、大きな揺れに対して部材を太くして抵抗する方法や、揺れを建物に入らないようにする方法、揺れを何らかの別のエネルギーに変換してしまう方法などが考えられています。

 

http://sekidesign.com/