神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

中古分譲マンションリフォームのメリットとデメリットを解説します!

中古マンションのリノベーションと聞いて何を思い浮かべますか。
安く済むことや、自分の好みの住宅を建てられることをおもい浮かべるかもしれません。
そこでこの記事では中古マンションのリノベーションのメリットとデメリットをご紹介しますので、ぜひご検討にお役立てください。

□中古マンションのリノベーショのメリットとは

価格の面ではどのくらいリノベーションにこだわるのかで、リノベーション代が変わってくるのでメリットということができません。
しかし、こだわりがあまりないところにはお金をかけず、こだわりたいところにお金をかけることができる点はメリットといえるでしょう。
また、新築は既に形が決まっているのものを買うので、妥協して選んでいきますが、リノベーションでは、自分にとっての理想の住まいを追求できる点が新築より優れている点です。

さらに、駅地下であったり、都心部であったりといういわゆる立地の良いエリアの物件は既に新築を建てられる土地は少なく、中古マンションを選ぶ方法のほうが物件の選択肢が多くなります。
立地にこだわりたい方は一度中古マンションを調べてみてください。

□中古マンションリノベーションのデメリットとは

まず、中古であることがデメリットです。
誰かが住んでいた物件には住みたくない方には向かないでしょう。

また、老朽化や耐久性が心配されます。
しかし、老朽化の点では、鉄筋コンクリート造りのマンションは、管理や手入れ次第では100年以上住めるところもありますので、ご安心ください。

そして、耐久性の点でも、築40年未満のマンションであれば、建築基準法により耐震基準が適用されており、震度6から7の地震が起こっても倒壊しません。
築40年以上のマンションであったとしても、耐震基準適合証明があるマンションは耐震基準並みの強度ですので耐久性の点でも心配ありません。

売却するときに高く売れるのか心配する方もいらっしゃいますが、立地が良い物件であると築年数関係なく人気があり売れやすいです。

□まとめ

中古マンションリノベーションのメリットとデメリットを解説しましたが、いかがでしたでしょうか。
メリットはいくつかあるのに対し、デメリットは実際のところ前に誰かが住んでいたという点だけであることが分かってもらえたと思います。
当社では中古マンションを選ぶ段階から、中古マンションリノベーションのサービスの中に入っています。
中古マンションリノベーションを少しでもお考えの方は気軽にご相談ください。

https://www.homepro.jp/renovation/renovation-point/13627-wg https://hikarinobe.com/contents/used-mansions-renovation-knowledge-980

http://sekidesign.com/