神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅で無駄のない動線を実現!時短ができる動線プランをご紹介!

注文住宅で動線計画に悩んでいるかたはいらっしゃいませんか。
動線がスムーズでない間取りにしてしまうと、家族同士で動きが重なってお互いの作業に集中できない事態を招きかねません。
そこで今回は、時間短縮を意識した無駄のない動線プランの例をご紹介します。

□時短動線プラン3例

*水まわりを直線上に置く

面倒な家事は水まわりに集中しています。
そのため、浴室やキッチンなどの水まわりを一直線上に置きましょう。
部屋中をあちこちと動き回ることなく、スムーズに家事ができます。
配管設備がまとめられるというメリットもあります。

また、浴室に洗濯機を置くことで移動の手間が省けます。
洗面台の隣にカウンターを設置すれば、洗濯物をその場でたたむことも可能です。

大家族の場合は水まわりスペースを広く取ることも重要です。
忙しい朝は洗面台の前での混雑が予想されるので、広めに設計されてはいかがでしょう。

*家事スペースを設置

動線上に、家事スペースとしてカウンターや棚を設置するのも時短アイデアの1つです。
洗濯物や書類整理など、短時間集中で家事をこなすことができます。
家事が終われば、小さな作業スペースとしても活用できます。

収納スペースも確保すると、動線上で家事を完結することが可能です。
洗濯物をすぐに収納できるだけでなく、一時的な保管場所としても使えるので、いつでも整理された空間を保てます。

*便利なキッチンカウンター

ダイニングとの距離を近づけるキッチンカウンターは、洗い物や食事の配膳の時短にも効果的です。
忙しくて朝ご飯の時間をあまり取れない際にも、キッチンカウンターでサクッと食事を済ませることができます。

キッチンからダイニングを見渡すことができるので、より一体感のある空間も作れます。
食前や食後のお皿を運びやすい点でも便利です。
また、キッチンカウンターに椅子を配置すれば、食事スペースを広げることができるので、ホームパーティーも簡単に主催できます。

注意点として、キッチンでの水ハネや音がカウンターやダイニングに影響する可能性もあるので、しっかりレイアウトを考えてキッチンカウンターを設置しましょう。

□まとめ

今回は、時間短縮を意識した無駄のない動線プランの例を紹介しました。
動線がスムーズだと、家事の時短だけでなく空間をより有効に使えます。
最適な間取りを取れば、家族同士の衝突を避けつつも、団らんとした空間の両立が可能です。
家族全員のライフスタイルから動線計画を考えることで、理想の住まいを作り上げましょう。

http://sekidesign.com/