神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

マンションオーナー様向け!賃貸マンションリフォームのメリットとポイントをご紹介!

賃貸マンションオーナーで入居率が低いという悩みを持つ方は多いでしょう。
空室問題に有効な対策としてあげられるのはリフォームです。
本記事では、賃貸マンションリフォームのポイントをご紹介します。
空室問題にお困りの方は是非参考にしてください。

 

□賃貸マンションリフォームのメリットとは?

まず1つ目のメリットは、入居率アップです。

マンションが古くなると、入居者のニーズに合わなくなり空室が目立つことが多いです。
対策としてリフォームし設備や仕様をグレードアップすることで入居率が上がることが期待できるでしょう。

また、リフォームし物件の資産価値の向上が見込めます。
それに伴い、家賃アップが期待できます。
空室を減らすだけではなく、家賃収入の増加できるのは賃貸経営の安定に効果的でしょう。

2つ目のメリットは、費用面です。
古くなったマンションを建て替えようとすると費用が億以上になるでしょう。
しかし、リフォームであれば、およそ1/2の費用で施工できます。

以上が賃貸マンションリフォームで見込めるメリットです。

 

□賃貸マンションリフォームをする際に気をつけるべきこと

入居率を上げるには、ターゲットを明確にすることが必要です。

そして、定めたターゲットの最新のニーズを細分化し物件に取り入れるようなリフォームをしましょう。
どんなにいい物件でも、物件があるエリアとターゲットのニーズがかけ離れていると空室が埋まる可能性は低いでしょう。

また、メリットであげた費用も建て替えの約1/2とはいえ、費用はそれなりにかかります。
ニーズに合わせて、リフォームのする場所や間取りの優先順位をつけるなどして、費用対効果を考えてリフォームしましょう。
費用は、家賃をベースにして考えるのをおすすめします。
リフォーム後にどのくらいの収益が見込めるのかを指標にしてリフォームの費用を設定しましょう。

最後に、リフォームしたからといって絶対満室になるという保証はありません。
しかし、リスクを恐れていては問題解決にはなりません。
少しでも興味を持たれたならば、専門業者に相談することをおすすめします。

 

□まとめ

賃貸マンションリフォームのポイントについてご紹介しました。

リフォームはマンションオーナーと賃貸ユーザーの両方が満足できる方法です。
古くなり空室率に悩まれているオーナー様はリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。
少しでも賃貸マンションリフォームを検討されるオーナー様の参考になれば幸いです。