神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅を建ててもらう会社の選び方で押さえておきたいポイント

「リノベーション」をすると聞くと、どこか「リフォーム」より華やかに感じます。
しかし、それらの違いを知らない人は多くいるのではないでしょうか。

そんな人のためにリフォームとリノベーションの違いについて解説します。

□リフォームとリノベーションとは

リフォームとは老朽化してしまった建物を新築のように戻すことです。
汚く、穴が空いてしまっている壁を新築の時のように綺麗な壁にする。
これがリフォームです。
壊れた場所を直す、汚い場所を綺麗にしたり、新しくしたりします。

リノベーションとは一から間取りや下水などを作り直すことです。
リフォームは新築のようにを目的としていますが、リノベーションは新築の時より良くを目的としています。
そのため、大きく前より間取りが変わることがあります。
大きなリビングが希望であれば、一つの部屋を壊し、リビングの一部とすることもあります。

□長所と短所

*リフォームの長所と短所

まず、あげられる長所は工事費用が安いことです。
工事範囲が部分的なもののため、比較的に安く済ませられます。

また、工事期間が短いです。
リノベーションと比べ、工事期間が短く済みます。
これも工事が部分的なものであるためです。

短所は大きな変更ができません。
リフォームは新築のようにを目的としているため、直す必要がない場所、綺麗な場所はそのままにしておきます。
そのため、間取りを変えるなどの大きな変更はできません。

*リノベーションの長所と短所

大きな変更ができます。
間取りの変更や水回りの変更など大工事を行うことができます。
そのため、家全体の雰囲気を変えることさえできます。

短所は工事費用がリフォームに比べ、高くなります。
脱衣室を大きくするなど、大工事をすることが多いため、費用は高くなります。

また、工事期間が長くなります。

工事は家全体を解体することもあり、解体後、設計の相談などもあるため、どうしても長い期間の工事となります。
そのため、入居期間が決められている方などにはあまりおすすめできません。

解体してみて、気づくこともあります。

リノベーションでは一度解体を行うため、解体前にはわからなかった問題点に気付ける場合があります。
柱が老朽化しており、危なかったなどのものです。
これらが発見された場合、追加費用が必要になります。

そのため、工事費用だけでなく、もし、異常が出た場合の予算も考える必要があります。

□まとめ

今回は「リフォーム」と「リノベーション」について解説しました。
リフォームとリノベーションは似てるように感じますが、意外にも大きく違うことがわかりました。
自分の目的に合った選択を検討してみてください。

http://sekidesign.com/