神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

天然の照明!注文住宅のトップライトについて解説します!

せっかく住宅を一からデザインするのだから、おしゃれな住宅にしたいと考える方は多くいらっしゃることでしょう。
本記事では、そういった方におススメなトップライト(天窓)の概要やメリット、デメリットについて解説していきます。

□そもそもトップライトって何?

トップライトとは、採光や風通しを目的として屋根に設置する窓のことを指していて、最近の注文住宅にもよく見られるようになってきました。
構造的な説明としては、回転や押し出すことで窓の開閉を可能としたものや、なかには開閉ができないタイプのものまでさまざまです。

□トップライトのメリットは?

*採光が良くなる

トップライトを設置することによるメリットとして、第一に採光が格段に良くなるという事が挙げられます。
天窓は屋根に取り付ける分、外部からの日光の採光が、壁面に設置された通常の窓の約3倍にもなるといわれています。
適切な量の日光を浴びることは、体内時計を適正なものにし、自立神経を整える働きがあるというのは皆さんご存じの通りですよね。
天窓は照明効果だけでなく、健康増進効果もあるのです。

*周囲の視線を気にしなくて済む

住宅が密集した地域においては、住宅通しのプライバシーにも気を配らなければなりません。
通常の窓の場合、窓を開けたくても覗かれるのが嫌で開けられないということも多々ありますが、トップライトは天井に設置されているため見えづらく、そのような心配は軽減されます。
トップライトは、プライバシー保護という観点においても役立ってくれるのです。

*通風性が向上する

天窓のさらなる利点の一つとして、風通しが良くなるといった事が挙げられます。
屋根に空気の通り道を設けることで、温まった空気は下から上に逃げていくという大気の特性を利用した通風ルートの確保が可能となります。
夏場の暑い時期などには、省エネ効果も期待できる嬉しい効果ではないでしょうか。

□デメリットは何があるの?

最大のデメリットとして、雨漏りのリスクが挙げられます。
屋根に設置する以上、雨漏りしないように傾斜を考えて取り付ける必要があります。

高所に設置されている分、メンテナンスが困難であることも、大きなデメリットの一つです。
外側の汚れをご自身で掃除するのはほぼ不可能なので、専門の業者に依頼するのが一番でしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅におけるトップライトのメリットやデメリットについて解説しました。
本記事が、これからリフォームを考えている方の参考になれば幸いです。

http://sekidesign.com/