神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅の最適なリフォーム時期について解説します!

「現状のままでも別に困ったことはないが、何となくリフォームの必要性を感じてきた」
「リフォームをしたいが、おススメな時期がわからない」
そういった悩みをお抱えの方に、本記事ではリフォームを行う最適な時期を解説していきます。

□リフォームを行う意義とは?

リフォームを行うことによって、建築物の老朽化の機能減退を軽減することができ、住宅の耐用年数といった観点からも、定期的なメンテナンスを兼ねるといった意味合いを持っています。
また、住宅のリフォームに代表されるメンテナンスを怠っていると、予定されている耐用年月よりもはるかに短いスパンで使用できなくなるといった危険性もあります。

大きな例を挙げれば、天井や外壁などは細かな点検を怠っていると、10年も早いサイクルで修復の兆しが見え始め、耐用年数の期限を迎える頃には、大掛かりな修復作業と資金が必要となってくるケースが多々あるのです。

リフォームと定期的なメンテナンスの重要性がよくわかりますね。

□時間がたつと住宅にどんな影響があるの?

新築時期から数えて約五年が経過すれば、配管設備や障子、襖の張替え時期に差し掛かって来る頃合いです。
さらに10年目を迎えると、雨樋や屋根、瓦、外壁などの外観部分に亀裂や剥離などがみられ、お風呂屋やトイレなどの水回りに不具合が現れてきます。
年が経過すると、住宅の土台部をはじめとする見えない部分に重大なダメージが入ってきます。
メンテナンスの度合いにもよりますが、屋根や瓦などの塗装、交換が必要となってくるケースも少なくありません。
築20〜30年ともなってくると、設備ごとの部分的なリフォームだけでなく、住宅全体にも及ぶ大掛かりなリフォームとなることが多いです。

当然、費用も少なくても100万単位で見積もりされるため、コストパフォーマンス的には賢いとは言えません。

□住宅のリフォームの目安は?

最もダメージが目に見えて分かりやすいのは、住宅の外壁や水回りなどです。
雨漏りなどの症状が出ていれば、早急に対処が求められていることがわかります。
このことから、なるべくダメージが少ない段階で費用を抑えようと考えている場合、築10年を超えている場合はリフォームが必要であると考えることができます。

□まとめ

今回は住宅のリフォームの最適な時期について解説しました。
住宅は人生で最も大きな買い物です。
後悔のないリフォームができるように、この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

http://sekidesign.com/