神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

無添加住宅の特徴とは?建築業者がご紹介します

「無添加住宅とはどのようなものだろう?特徴を知りたい。」
新しい家を建てる際には、無添加住宅をお考えかもしれません。
取り入れるのであれば、その特徴を理解しておきたいですよね。
今回は、無添加住宅の特徴を建築業者がご紹介します。

◻︎無添加住宅とは?

最近の住宅の傾向では、より気密性などの機能性の高い空間づくりが目指されています。
夏は高温多湿に、逆に冬は低温乾燥に悩まされる地域の多いのが日本の特徴です。
そこで、外部の気温や湿度になるべく影響されない住空間になるように工夫されています。
具体的には、熱の移動を遮断したり、気密性を高めたりしたりしているのです。

しかしながら、疾患などの健康被害が頻発するようになりました。
原因には、その際によく利用されていた建材に含まれていた化学物質とも言われています。
さらに外部へと逃げにくい構造であり、人の身体に入ってしまいやすいのです。
それを受けて、一部の化学物質を含む建材は使用できないように定められました。
機密性で起こる空気の滞留は、頻繁に換気することでも解消できるかもしれません。

しかしながら、そもそも化学物質を含まなければ問題ありませんよね。
そこで生じたのが、無添加住宅の考え方です。
有害な物質を含まずに、健康リスクを低減すること目指しています。

◻︎無添加住宅のメリット

*人の身体に優しい素材

無添加住宅は、身体にとって有害な化学物質を含みません。
健康に配慮した空間で、穏やかに暮らせるでしょう。

*調湿効果がある

無添加住宅に使われている素材には、調湿効果を持つものもあります。
周囲の湿度に合わせて取り込みと放出を行い、一定に保とうとするのです。
屋内に快適な空間に維持できる点で効果が大きいでしょう。

*保温性も比較的に高い

無添加住宅に使われている素材は、他の建材と比較しても熱伝導性が低い特徴があります。
つまり、熱の流入流出が起こりにくいのです。
温度が急に変わることでは、アレルギーを含めて健康に悪影響の生じる可能性があります。
それを保温性の高さでカバーすることで、リスクを定義できるのです。

*化学物質を分解する性能がある

化学物質を含まないだけではなく、吸着して分解するという性能も持つものもあります。
これによって外部からの有害物質の流入にも対応できるでしょう。

◻︎まとめ

今回は、無添加住宅の特徴を建築業者がご紹介しました。
無添加住宅は、身体に有害な化学物質を放出しない建材を使って建てられたものです。
調湿性・保温性・吸着性などの嬉しい魅力も挙げられます。
新築の際には、無添加住宅をお考えになるのもおすすめです。

http://sekidesign.com/