神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

 

1a338567e481b6f709c8e588ae292c39_s

「注文住宅を建てようと思っている。」
「挨拶回りが重要と聞いたけど、目的やポイントは何だろう?」
注文住宅を建てるのはあまり経験しないことですよね。
ですから、不安なことも多いかもしれません。
準備で大切なことは多いですが、特に近隣への挨拶回りは押さえておきたいことです。
今回は、注文住宅を建てる前に知っておきたい、挨拶回りの目的とポイントをご紹介します。

□注文住宅を建てる前にする挨拶回りの目的は?

近隣への挨拶回りをする目的は、事前に工事のことを知らせて、気持ちなどの準備をしてもらうためです。
注文住宅の工事では様々なトラブルが報告されますが、近隣住民との揉め事も多いです。
クレームに至らなくても、気付かないところで迷惑はかかっています。
たとえば、多くの担当者や車両が通ると、騒音が気になりますよね。
また、外出する際に見知らぬ人や車が行き来していると、不安なものです。
そして、使っている素材や塗料には化学薬品が含まれていて、不快な臭いが発生することもあります。
注文住宅を建てた後、長い間にわたって近所付き合いをしていく相手です。
わだかまりを残して暮らし続けるのはお互いに気持ちよくはないですよね。
事前に知っていることで、仮に何か問題が発生しても、感じ方は変わってきます。
無用なトラブルを起こさないためにも、工事に先駆けて動いておくのが大切です。

 
□挨拶回りのポイントは?
 
挨拶回りのポイントは、三つあります。
まず、回る範囲です。
両隣・向かいの3棟・裏側の3棟を回ると良いでしょう。
つまり、ご自宅を中心にして少なくとも一回りは伝えておきましょう。
次に、手土産はあまり高すぎず、1000円程度にとどめておきましょう。
高額なものは、相手も受け取りに困ってしまうからです。
そして、訪問した際には、工事の内容やかかる期間の見込みなど、基本的な情報を伝えましょう。
工事担当者の人数や会社の電話番号なども提供しておくと、もし何かがあったときにも安心できますよね。
そして、工事では音や臭いなどの発生も考えられます。
事前に対策でできることがあれば伝えておくのが良いでしょう。

□まとめ
 
今回は、注文住宅を建てる前に知っておきたい、挨拶回りの目的とポイントをご紹介しました。
近隣への挨拶回りは、工事のことを事前に知り、気持ちなどの準備をしてもらう目的があります。
また、注意点は、家の周囲は最低限訪問すること、手土産は1000円程度にとどめること、などを押さえておきましょう。

 

http://sekidesign.com/