神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

0e1c4e7740224e0c3fe6c84c5dd05e88_s

「注文住宅を建てようかなと思っている。」
「資金計画という言葉を聞くけれども、目的や流れを知りたいな。」
注文住宅の話をする中で、資金計画という言葉を聞いた方もいらっしゃるかもしれません。
なかなか聞かない言葉ですから、流れやそもそもの目的もよくわからないですよね。
今回は、資金計画の目的と流れについてご紹介します。

□資金計画の目的

資金計画を行う目的は、お金の面で後々に困るのを避けるためです。
注文住宅を建てる際には、多額の費用がかかります。
住宅そのものの費用はもちろんのこと、新しい家具や家電を購入するのにもお金が必要です。
住宅の購入は、人生の三大支出の一つと言われるほど大きな出費です。
お金の支払いに困ると、その後の生活が大変ですよね。
そのため、ある程度の目安を知って、不足する場合の対処法も考えるのが大切なのです。

□資金計画の流れ

*注文住宅の新築に使える資金を把握する

最初に行うのは、ご自身の資金を把握することです。
手元にあるお金を調べるとともに、贈与を受ける分も計算します。
その後の生活に余裕が出るように残して、どの程度であれば新築に使えるかを算出しましょう。

*見積もりによって支出の目安を知る

次に、見積もりによって支出の目安を知ります。
家を建てるための費用もそうですが、手続きや家具などの新調にもお金は必要ですよね。
正確な計算は難しいですが、おおよそでも価格を確かめておくのも大切です。

*使える資金と支出の目安を比較する

ここで、使える資金と支出の目安を比較してみましょう。
もちろん使える資金の方が多ければ問題ありませんが、そうとは限りませんよね。
足りない部分は、工事費用を下げる工夫ができないかを考えます。
間取りを再検討したくない場合には、ローンを申し込むことを検討しましょう。

*どのように支払うのかと返済の計画を立てる

注文住宅の新築では、何度も支払いのタイミングがあります。
手持ちのお金と住宅ローンのどちらで支払うのかを決めておきましょう。
特にローンは、すぐに用意できるわけではありませんので、注意が必要です。
また、返済の計画も、生活に影響が出ないように立てていくことが大切です。

□まとめ

今回は、資金計画の目的と流れについてご紹介しました。
資金計画を行うのは、具体的な金額で予算感を把握し、業者を比べる材料にする目的があります。
また、新築に使える資金と支出の目安を比較し、支払いと返済の計画を立てるのが大まかな流れです。
後々にお金で困ることのないように、それぞれの課程をしっかりと進めていきましょう。

 

http://sekidesign.com/