神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅を建てるのはいつ?おすすめのタイミングを紹介します[1]

「新しい家にするなら注文住宅にしようかな。」
「建てるタイミングはいつにするのが良いのだろう?」
注文住宅などの新しい家を建てるのは人生においても大きな出来事ですから、ちょうど良い機会を見極めたいですよね。
そこで今回は、注文住宅をいつ建てるのが良いのか、そのおすすめのタイミングを紹介します。

 


□注文住宅をいつ建てるのが良いのか、そのおすすめのタイミング

 

*独身のうちに建てる

資金に余裕がある場合には、特に独身のうちに建てるのをおすすめします。
費用の面でもめる心配が少なく、自分だけで資金の管理ができるためです。
また、自らの希望だけで選べるという点で間取りなどもスムーズに決めやすいでしょう。
一人の間に建ててしまう方が気も楽だと思います。
そして、仮にローンを利用するとしても、返済が早期から始まることで高齢になる前に完済することを期待できます。

 

*新しい生活を始めるタイミングで

新しい生活に合わせて住まいも変えるというのは良い機会でしょう。
というのも、暮らしの状況が変わると不便が生じやすく、新居に移ることでそのマイナスを解消できるからです。
たとえば、結婚を機に新居に引っ越すとなると、その家が相手と新しい生活を送るそのはじまりの場所のような存在となることでしょう。
また、新しい家族を迎えるにあたって家のことを考えると、間取りの想像もしやすいです。
他にも、通勤先の変化に伴ってというのもタイミングとしては考えられます。

 

*消費税が上がる前に

2019年10月に、消費税が8%から10%に引き上げられる見込みです。
土地に関しては消費税がかかりませんが、消費物と捉えられている住宅は課税の対象になります。
たとえば、3000万円の注文住宅であれば、増税の前後で60万円も差が出てくるのです。
住宅の補助金などで増税分の負担を軽減する動きもありますが、家を建てる際にかかる費用はそれだけではありませんよね。
たとえば、新たに家具や家電も購入するかもしれません。
もちろんそういったものも消費物として全て税金がかかります。
総じて負担が変わってきますので、増税される前に手に入れるというのもおすすめです。

 


□まとめ

今回は、注文住宅をいつ建てるのが良いのか、そのおすすめのタイミングを紹介しました。
一人の気楽なうちに・生活が変わるときに・消費税増税の前になど、様々な機会が考えられます。
ご自身にとってふさわしいと考えられるときに建てる決断をされるのがおすすめです。

http://sekidesign.com/