神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅を建ててもらう会社の選び方で押さえておきたいポイント[1]

「注文住宅を建ててもらう会社はどのように選ぶのが良いのだろう?」
注文住宅を建てる際には業者に依頼することをお考えかもしれません。
その際には、いくつも候補があるため、その中から一つを選ぶのは大変ですよね。
そこで今回は、注文住宅を依頼する際の会社の選び方で押さえておきたいポイントをご紹介します。

 


□注文住宅を依頼する際の会社の選び方で押さえておきたいポイント

 

*金額の話について明確な説明がなされているのか

注文住宅でよく事例として挙げられる失敗に、思っていたよりも高かったということがあります。
もちろん工事の前には見積もりがなされますが、あくまでも概算です。
しかしながら、しっかりとした説明がないとその金額だと勘違いしてしまいますよね。
高額な費用を支払っての契約になりますので、余計な揉め事は避けたいところです。
そこで、金額の話について明確な説明がなされているかを見極めるのが、押さえておくべきポイントです。
また、見積もりの際には書類が発行されることもあるでしょう。
そこで記載されている内容に、一括などという曖昧な言葉が出ている場合は要注意です。
わざと曖昧にしていることもあります。
具体的な金額が何かというところを訊き出して、業者側の答えを観察しましょう。
隠そうとしない業者であれば丁寧に答えてもらえます。
一方で、怪しいところはやはり明確には答えないでしょう。
そういった態度からも信頼できるかどうかを見極められます。

 

*候補としている業者の担当者と相性が良いのか

実績や周りからの評価があり、費用面も問題がないとしても、それが理想の業者とは限りません。
というのも、その会社の担当者とご依頼主様との息が合わないということがあるためです。
新築住宅では、担当者が数か月かけて作業をします。
それだけでなく、設計の段階も含めるとさらに数か月顔を合わせていくのです。
そして、アフターフォローがあれば付き合いは数年にわたるでしょう。
関わりたくない相手と長く付き合わなければならないのは辛いですよね。
そこで、その会社の担当者と相性が良いかということを見極めていくことが大切です。
見積もりや契約の段階で話をする際に判断していきましょう。

 


□まとめ

今回は、注文住宅を依頼する際の会社の選び方で押さえておきたいポイントをご紹介しました。
金額の話について明確な説明がなされているのか・候補としている業者の担当者と相性が良いのか、といったことがポイントです。
お互いが気持ちの良い関係になるように、慎重に選んでいきましょう。

http://sekidesign.com/