神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

業者はどのように比較すればよい?リフォームを成功させるコツ[1]

「リフォームをしたいから業者に依頼しようと思っている。」
「どのように比較するのが良いのだろう?」
リフォームをする際には、どの業者を選ぶかで工事そのものの完成度が変わってきますよね。
しかし、数多くある候補の中から選んでいくのは大変かもしれません。
そこで今回は、リフォームを成功させるコツとして業者をどのように比較するのが良いかをご紹介します。

 


□業者をどのように比較すればいいの?

業者を比べる方法としては、以下の二つの方法で見ていくのがおすすめです。

 

*類似のリフォームの施工実績があるか

業者に依頼する際には、似たような施工実績があるかどうかを見るのがおすすめです。
というのも、そこでの経験を活かせるほうが完成度が高くなるためです。
少なからず、費用を払って依頼するのであれば、経験が豊富で技術力がある方が良いですよね。
その業者に力があるかどうかを確かめる方法としては、実際に過去の施工事例を見せてもらうのがおすすめです。
形としてあるものを目の当たりにすることで、ご自身のイメージも膨らませやすくなります。

 

*保証の制度が充実しているか

もちろん何も問題なく過ごせるのが理想なのですが、不具合が起こる可能性もあります。
というのも、リフォームにおいては全てを新しくするわけではないので、修理をしていない部分から新たに劣化することがあるのです。
また、継ぎ目などが問題となって早期の不良が起こることもあります。
そういったときにまた業者と契約するというのは大変ですよね。
そのため、アフターフォローの内容が重要です。
保証の制度としてよく設けられているのは、定期的な点検と不具合に対する無料での再工事です。
どのような内容なのかを把握することで、保証が充実しているかどうかを調べられます。

また、同時に期間についても比較しておくと良いでしょう。
保証期間があまりにも短すぎると、不具合があったときにどうしようもないですよね。
一方で、長すぎても良いというわけではありません。
今度は自然な劣化まで業者側が負担しなければならなくなるからです。
極端な長さにするとリスクが高くなりますので、長期間設定している場合は単なる見せかけであるということも考えられます。
適切な長さであるかどうかも調べていきましょう。

 


□まとめ

今回は、リフォームを成功させるコツとして業者をどのように比較するのが良いかをご紹介しました。
類似のリフォームの施工実績があるかどうかは、業者の実力を判断する有効な情報となります。
また、追加での出費をなるべく避けるためにも、保証の内容や期間も比較しておきましょう。

http://sekidesign.com/