神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

中古分譲マンションリフォームと注文住宅、どちらがいいか徹底比較!
「自分好みの部屋に住みたい」
「中古分譲マンションをリフォームすれば、自分好みの家にできるのでは?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
自分の理想に合った家に住むのは誰しもの夢ですよね?
注文住宅という選択肢もありますが、デザインや立地などをこだわれば、高くなってしまうのは間違いありません。
そこで今回は中古分譲マンションリフォームと注文住宅を比較し、項目別で優れている点をご紹介します。

□優先順位を決める
まず初めに、自分が何を一番重視するかを確かめておきましょう。
自分好みのデザインを重視する人、デザインと立地、両方を大切にする人など、個人で別れるところになります。
この基準をもとに、自分にはどちらがあっているか検討してください。

□費用
注文住宅には土地代と建築費用が必要で、ある程度家の造りにこだわりがある場合は3000万円、首都圏といった立地も考慮に入れる場合は5000万円ほど予算がかかります。
一方首都圏の中古分譲マンションの平均費用は3200万円ほどで、これにプラスしてリフォーム代が加わります。
築年数にもよりますが、リフォーム費用は100万円~500万円ほどになります。
費用を見ると中古分譲マンションに分があるでしょう。
しかし、一つ大きな違いとして、土地を所有しているかどうかの差があります。
その資産を売るとするならば、将来的にはほとんど同じ費用になります。

□自由度
注文住宅は外観のデザインはもちろん、間取りや壁の材質、窓の種類といったすべての項目を指定できます。
中古分譲マンションリフォームでは室内の壁や床を張り替えられます。
しかし、そこには様々な制約があります。
マンションには「管理規約」があり、遮音性能やリフォーム内容などに条件があり、マンションによってはリフォーム自体禁止しているところもあるので気を付けましょう。
この点は注文住宅に軍配が上がります。

□周辺環境
マンションに住むことになると周囲への配慮がポイントになります。
騒音によるトラブルといった問題や、近隣との付き合いなども必要になります。
このあたりを苦手に感じる人にはデメリットになるかもしれません。
注文住宅だと一戸建てなのもあり、周囲への配慮はそれほど必要ではありません。
しかし、ゴミの処理なども自分で行わないといけないので、その分負担になります。

□まとめ
中古分譲マンションと注文住宅を比較し、項目別で優れている点をご紹介しました。
費用面で優れている中古分譲マンションと、自由度があり、自分の理想の家にできる注文住宅にはそれぞれに良さがあります。
もしマイホームをどれにしようかお悩みでしたら、無料でご相談・ご質問にお答えします。
中古分譲マンションのリフォームや注文住宅についてお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

http://sekidesign.com/