神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

トップライトに合うインテリアの組み合わせをご紹介

注文住宅にお住まいの方で、明るさが少し足りずに困っている方はいませんか?
この記事では、注文住宅に取り付けることができるトップライトについて解説します。
トップライトについて詳しく知らない方は、トップライトの概要を解説するのでぜひ読んでみてください。
まずは、トップライトとは何かということから見ていきましょう。

□トップライトとは

トップライトとは、日本語でいうと天窓のことです。
トップライトの他にも、スカイライト、ルーフ窓と呼ばれることもあります。
屋根面に設けられた窓で、部屋に明かりを入れる役割を担っています。
トップライトはどの場所に取り付けると良いのでしょうか。
注文住宅でも、立地条件が悪いと採光が悪くなる部屋があります。
また、北側の部屋や廊下は暗くなる可能性が高いです。
そんな場所にトップライトがあると、注文住宅全体が明るくなりますよね。
トップライトから取り入れる光の明るさは、壁側の窓から取り入れる光の明るさとは大きく異なります。
なぜなら、トップライトは壁に取り付けられた窓の約3倍の採光効果があるとされているからです。

□トップライトのメリット・デメリット

*メリット
最大のメリットは、先ほどお伝えしたように、壁に取り付けられた窓より採光効果がかなり高いことです。
採光効果が高いと、単に注文住宅が明るくなるだけでなく、健康効果も期待できます。
開閉性のトップライトの場合は光を取り入れるだけでなく、風を通すことも可能です。
トップライトで風を通すことで、壁に取り付けられた窓で風を通す場合よりも風通しが最大で4倍も良くなると言われています。

*デメリット
トップライトの最大の敵は雨です。
トップライトを取り付けることで雨漏りが生じる可能性があります。
また、トップライトに雨が直接叩きつけるため、取り付けた部屋に雨音が大きく響いてしまう可能性が高いです。

□まとめ
トップライトについて解説しました。
デメリットもありますが、トップライトは非常に魅力的なものなのでぜひご検討ください。
当社は、注文住宅をはじめ、店舗インテリア、マンションといった建築物の設計監理を主な業務とする一級建築士事務所です。
皆様と共に作り上げていく建築が、周辺地域に対しても良い影響を与えることができるよう、専門家である建築家として常に心がけながら設計をしています。
注文住宅の建築をご検討の方はぜひ当社をご利用ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。
http://sekidesign.com/