神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅のエネルギー効率を高めるためには気密性を向上させる必要があります。

断熱性の高い住宅は冬でも暖かく夏は涼しく過ごすことができます。

エアコンなどの冷暖房効率が高まるので電気代などのコストを削減できるというメリットがあります。

断熱性は家の中の空気がどれほど外に漏れるかを表したものです。気密性を向上させることが快適な注文住宅を建てる上で重要となります。


住宅の断熱性を高める方法としては、まずよい断熱材を使うことが考えられます。

確かに優れた断熱材を使えば性能を上げることができますが、それだけでは不十分です。

最近の新築住宅の多くは、最初からある程度優秀な断熱材を使用しています。

さらに優れた断熱材を使用しても手間とコストをかける割に性能が向上しません。断熱材以外の方法を併用して住宅の性能を向上させる必要があります。


注文住宅の断熱性を高める方法を考えるときに重要となるのは窓です。

窓は壁と比較して断熱性能が弱く、家の中の熱が外へ逃げて行ってしまいます。

冬は住宅内の熱のおよそ50%が窓から逃げ、夏はおよそ70%の熱が入ってくるとされます。

住宅の断熱性を改善するには、窓について考える必要があります。


窓の性能はサッシ部分とガラス部分によって決定されます。

それぞれ気密性が高く断熱効果の高いものを選ぶことが大切です。

サッシは使用されている素材で断熱性に大きな違いが現れます。

一般的に使用されている素材にはアルミや樹脂、アルミと樹脂の複合材や木材などがあります。

アルミや樹脂は安価ですが熱を通しやすい性質があります。

近年の注文住宅では断熱性を高めるために木材のサッシが利用されるようになっています。

コストを抑えて断熱性を高めたい場合は、アルミと樹脂の複合材を使用するのがおすすめです。

サッシは部屋のデザインと調和したものを選ぶとよいでしょう。


注文住宅の断熱性を高めるには窓ガラスの性能も重要です。

以前は1枚だけの単板ガラスを使用するのが一般的でした。最近ではガラスを2枚使用する複層ガラスが主流となっています。複層ガラスにすると気密性が高まるので住宅のエネルギー効率も向上します。

一般的にはガラスを2枚使用するのでペアガラスと呼ばれますが、さらにもう1枚増やしたトリプルガラスもあります。


最近の新築住宅では単板ガラスよりも複層ガラスが利用されるようになっています。

またさらに住宅の断熱性を高めたい場合や寒い地域では、トリプルガラスを使用したりアルゴンガスを充填したガラスを使用することもあります。

サッシやガラスを変えることで、住宅の気密性や断熱性を大きく向上させることができます。

 

http://sekidesign.com/