神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅を購入する際にはその購入資金計画が非常に重要です。

その理由としては住宅ローンを組んで購入したとしても、もしその住宅ローンの返済に行き詰まれば購入した住宅や土地が差し押さえられ、最悪の場合は競売にかけられてしまいます。

しかも売れたとしてもローン額の方が多ければ返済が続く可能性もあるわけです。

しっかりと返済が出来るかどうかを見極めて購入の是非を判断する必要があります。


注文住宅は大手デベロッパーなどからも販売される他、その地域に昔から開業しているような販売業者なども手掛けているため、それぞれの特長をつかむことから考えていきます。このときその住宅を建築する土地が分譲地なのかあるいは元々あった住宅地を購入などして建築するのかなどで、色々と条件が変わるものです。近隣に金融機関や医療機関、調剤薬局などの存在を確認することがスタートです。
近隣にスーパーマーケットなどがあるからといって未来永劫存在するとは限りません。住宅を購入してもその後商店類が廃業する可能性も大いにあります。近隣の便利さ特に役所の窓口などがあるかどうかによって考慮することも大事です。このように情報収集をしっかりと行った上で住宅の購入を考えていく流れです。


土地を元々保有していない場合には、その土地の購入あるいは期限付きで借りるなどの方法を検討していきます。

未来永劫その土地に住まない可能性がある場合、たとえば50年後に更地にして土地を持ち主に返却する対応も考えられます。

購入か賃貸かによって、賃貸料の発生や固定資産税などの税金関係の問題が起こり得るわけです。

購入するにせよ賃貸にするにせよその上に注文住宅を建築していくわけですが、資金計画をよく考えなければならない点があります。

土地の確保から住宅の購入に先走りしがちですが、購入するときの資金確保をどう考えていくのか、また借りる場合にはその返済計画及び頭金の設定を綿密に考えることが重要です。

頭金を多くしすぎてその後の生活やら税金やらの支払いが厳しくなると、折角の新居での生活もぎすぎすしていきます。


資金計画はその借り入れと返済をよく考えていくことと金利も考えることが大事です。

借りる金額が一般的に高額ですので、利率が少し上昇しただけでも返済額が大きく変わり得ます。

返済に行き詰まる危険性を考慮し、無理のない計画で対応をしていくことが非常に重要です。

なお、資金計画に無理が生じた場合、返済に行き詰まる前に早めに借入先の金融機関に相談を行うことも大事であり、勤務先の経営状態なども加味して考えることが求められます。

 

http://sekidesign.com/