神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

床の色というのは、部屋の印象を決める大きな要因となっています。

注文住宅やリフォームでは、
その床の色を自由に決めることが可能ですね。

今回は、失敗しないフローリングの色選び方についてご紹介します。

まずは、自分の作り上げたい空間はどんなものかをイメージしましょう。

リフォームでお考えの方は、ドアや壁の色と合わせて考えてみると良いですよ。

高級感を出したいという方には、ダーク色の床がおすすめです。

部屋全体が落ち着いた雰囲気になるだけでなく、
比較的安めのシリーズであっても高級感が出ます。

しかし、黒色というのはホコリが目立ちやすいですから、
マメなお掃除が必要と言えます。

ライト色の床を選ぶと、ナチュラルで明るい雰囲気のお部屋になります。

今人気の北欧スタイルも簡単にできますし、
ホコリや傷が目立ちにくいです。

しかし、床のグレードを低くしてしまうと、
部屋全体が安っぽく見えてしまうという欠点もあります。

無難なイメージのある中間色は、実はコーディネートが難しい色です。

微妙に色味が違う中間色が、1部屋の中にたくさんあることで、
ごちゃごちゃした雰囲気になってしまいます。

インテリアの色など、しっかり考えたコーディネートにしましょう。

http://sekidesign.com/