神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

光や風、熱の出入りは、方位によって大きく異なります。
そこで今回は、それぞれの方位に合わせた、窓リフォームのコツについてご紹介します。

・東向きの窓

東向きの窓からは朝日が入ってくるため、朝の時間によく使う部屋は、
たっぷり光を取り込めるようにすることで、毎日が気持ち良くスタートできます。

朝日には、体内時計をリセットしてくれる効果があるため、
寝室に東向きの窓を付けることで、
毎朝ハツラツと起きられるようになりますよ。

・西向きの窓

こちらは徹底的に西日対策をすることが、快適さの鍵となります。
窓は小さめにし、風通し用の窓である場合は、
日差しが入りこみにくい、低い位置に取り付けましょう。

西日の太陽の位置は低く、部屋の奥まで日差しが入ってきます。
窓が大きい場合には、シェードやシャッターを取り付けるようなリフォームで対策しましょう。

・南向きの窓

南向き窓は光と風の入り口です。
窓を大きく取ると、明るく気持ちの良い部屋になります。
夏の日差しが強い場合は、日よけリフォームをしましょう。

・北向きの窓

太陽の光が入りにくいため、できるだけ高い位置に窓を取り付けましょう。
結露対策も忘れてはなりません。
断熱サッシへの交換や、内窓を取り付けることがおすすめです。

 

http://sekidesign.com/