神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅業者が解説、予算の見積もりは複数会社の比較で
戸建て住宅には最初から住宅が建てられた状態で販売される分譲住宅と、土地を購入して設計者と共にプランを計画して家づくりをする注文住宅があります。
注文住宅は、建築面積や延べ床面積、使う資材や住宅設備によって予算が異なってきます。
それは、ハウスメーカーによって価格は異なり、ハウスメーカーによっては木造を主として住宅を建築しているのか、それとも鉄骨や鉄筋コンクリートを主として住宅を建築しているかによって、価格が異なってくるのです。

同じ構造であっても、価格が異なる場合があります。
それは、設計費や建築資材の調達費用、下請業者への支払い費用などによって異なってくるのです。
ハウスメーカーによってその価格は異なります。
大手のハウスメーカーとなりますと、工場で建築資材を大量に生産するため、建築資材のコストを安価に抑えることができますし、小規模のハウスメーカーや工務店となりますと、資材をその都度発注ということになりますので、建築資材のコストは高くなる傾向にあります。

それならば、大手のハウスメーカーで注文住宅を建築してもらうのが安価な予算で建築できるのかと言えば、一概に言い切ることはできません。
大手のハウスメーカーは、建築資材を大量に生産してコスト削減を実現していますが、最新の免震ダンパーなどを設置したりすることが標準仕様となっていたり、大手のハウスメーカーになると、それだけ多くの人が関わる分だけ人件費も発生します。
よって、大手のハウスメーカーが必ずしも安価で戸建て住宅を建築できるとは限らないのです。

そこで必要となってくるのが、予算の見積もりを複数の会社に出してもらうことです。
同じ間取りで同じ構造体の住宅プランで、複数の会社から見積もりを出してもらうことで、その住宅プランのおおよその相場を把握することができます。
高値を提示してきた会社はどのような部分でコストが発生しているのか、安値を提示してきた会社はどの部分でコストカットをしているのかを把握しやすくなるのです。
また、価格の相場を知ることができます。
予算を組むにあたり、相場を知るというのは大切なことです。
その相場を把握した上で、どの会社が総合的に適しているかを判断します。

注文住宅は、プランや構造などで大きく価格が変動します。
予定している予算内に収めるためには、複数の会社から見積もりを取得し、相場を把握することが大切です。
それは各会社を競合させることが出来るというメリットにもなります。
このような理由から、見積もりは複数の会社に出して比較することが大切です。