神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅を建てるなら資金計画を、その重要性と流れについて
注文住宅と建売住宅の大きな違いは、土地と建物がセットになっているのか否かです。
建売住宅の場合は、土地と建物がセット売りになっているので、予算に合う物件であるのか否かを考えて購入できる家なのかを知ることができます。
これに対して注文住宅は土地を持っている、もしくは最初に土地を購入しなければ先に進みませんので、資金計画の重要性が建売住宅よりも高くなります。
仮に、気に入った土地が見つかり購入したけれども、資金をすべて使い果たしてしまい肝心の家を作ることができない、もしくは理想の家とは異なるイメージの家になってしまうなどのケースもゼロではありません。

このように土地と建物が独立している場合、土地に多くの資金を投入してしまえば理想の家づくりができなくなる恐れがあることを把握しておきましょう。
ちなみに、家の建築費はどのくらいの金額が必要になるのかご存知でしょうか。
これを知らずに土地を購入してしまうと資金不足で理想の家づくりができなくなる恐れもありますので注意しなければなりません。

家は1坪当たり40万円や50万円の建築費が必要と言われています。
最近はローコスト住宅も登場しており、1坪当たり30万円前後の費用で家を作ることもできます。
仮に、専有面積が40坪の家を作る時、坪単価が30万円の場合では約1,200万円となりますが、坪単価が50万円の場合では約2,000万円の予算が必要になるわけです。
但し、これは坪単価での計算であり、こだわりのある家づくりを考えている場合には、これよりも費用が多く掛かることも少なくありません。
リビングルームは広い空間にしたい、吹き抜けを設けて窓を大きくしたい、床暖房を設置したい、システムキッチンは海外の高級設備を導入したいなど、家づくりの中には色々なこだわりが出てくるものです。

こだわりたい部分が増えてくれば、当然費用も増加傾向になり、当初2,000万円の予算のはずが見積もりを見た時に2,600万円になっているケースもゼロではありません。
予算をオーバーした時には、予算内に収めるために条件を緩和しなければなりません。
このような時のためにも、こだわり条件に優先順位を設けておくのがお勧めです。
どうしても譲ることができない条件、予算内で収まれば取り入れたい条件などのように分けておく、そしてそれぞれの条件に順番を設けておけば、減らすべき条件はどれになるのかが見えて来るわけです。
注文住宅は土地の購入代金と家の建設費用の二つに分かれるので資金計画を立てる時には念入りに行いましょう。