神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

ペットと暮らす家に、リノベーションで行いたいことは?
「ペットを飼いやすい家にしたい」「ペットが快適に暮らせる家にしたい」といったようにお考えの方はいらっしゃいますでしょうか?
ペットを飼っている家庭では、ペットが住むことを考慮に入れた家にすることが好ましいですよね。

そこで、この記事では、ペットと暮らす家にするために、リノベーションで行いたいことについて、解説していきましょう。

□ペット対応の床材に張り替える
床材が滑りやすい素材である場合、ペットは滑って転んでしまったりし、ケガをしてしまう可能性があります。
ペット用のフローリングやタイルに張り替えを行うことで、ペットのケガの防止につながります。
また、ペットのひっかき傷に強く、床で用を足してしまった場合にもしみこみにくく、臭いが残りにくい床材にしておくことが大切です。

□脱臭・消臭に効果的な建材にする
ペットを飼っていると、人によっては不快に感じる臭いがしてしまうようになることは付き物です。
脱臭・消臭建材を使うことで、臭いを最小限にするようにしましょう。
また、上下の取り替えができるものにしておけば、掃除が一気に楽になります。

□ペットの活動エリアを制限する
キッチンにペットが行ってしまうと、包丁であったり、熱湯やペットにとって危険な食べ物などの被害に遭い、最悪の場合命取りになってしまうことがあります。
リノベーションの際には、ゲートを設置するなどして、ペットの活動できる範囲を制限することで、ペットの安全を守るようにしましょう。

□足洗い場
ペットは基本的に素足で散歩などで外に出かけると思います。
足洗い場があると、散歩から帰ってきた際にも、外で汚れを洗い流すことができるため、大変便利です。
冬場のことも考えて、ペットのためにお湯も出るものにしておくとよいでしょう。

□リードフック
マンションのエントランスや自宅の玄関口にリードフックを付けておくことも、非常に効果的です。
大きな荷物を運ばなければならない時には、リードフックにペットをつないでおくことができます。
安全でストレスをあまり感じずに、家に出入りすることが可能となります。

□最後に
ペットと暮らす家にするために、リノベーションで行いたいことについて、解説してきました。
ペットは家族の一部であり、ペットにとっても他の家族にとっても、家が快適な空間であることは大切です。
ペットを現在飼っている方やこれから飼う予定のある方には、ぜひこの記事を参考にして、一度ペットと暮らすためのリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか?