神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

床の遮音性能を高めませんか?中古分譲マンションリフォーム
「マンションに住んでいるのだが、下の階への足音がうるさくないか気になる」というような悩みを抱えている方はおられますか?
床の遮音性能が低ければ、下の階の人が気分を害し、トラブルにつながるというようなことも考えられます。

そこで、この記事では、床の遮音性能を高める方法について中古分譲マンションリフォーム会社が解説していきましょう。

□そもそも床に関する騒音は?
床に関する騒音は、主に二つに分けられます。

*重量床衝撃音
一般的に子供が飛び跳ねたり、走り回ったりすることによって下の階の部屋で発生する床衝撃音のことを表します。

*軽量床衝撃音
一般的に、食器やおもちゃなど比較的に軽量なものが床に落下する時や、椅子を引きずるなどの時に下の階の部屋において発生する床衝撃音のことを指します。

□重量床衝撃音を抑える
重量床衝撃音を抑えるには、床スラブの厚さを厚くすることが効果的です。
また、重量床衝撃音については、床スラブの梁に囲まれた部分が小さいほど、遮音性は高くなります。

□軽量床衝撃音を抑える
現在最もよく見かけるのはフローリングで仕上げられた床です。
しかし、騒音という観点から考えると、このようなフローリングよりもカーペットや畳などのような柔らかい素材やクッション材が裏打ちされている仕上げ材を使う方が遮音性能は高くなります。
マンションにおいて、床材がフローリングであれば、遮音フローリングを使用しているかどうかを確認するようにしましょう。
また、子供が頻繁に使用する部屋に関しては、その上から最も遮音性能に優れたカーペットを敷くなどするのがよいでしょう。

□遮音フローリングのⅬ値は一つ上のランクのものを選ぶ
*Ⅼ値とは?
遮音性能を表す単位として、Ⅼ値があります。
この値は、振動音や実際に聞こえる音のレベルを表しています。
値が小さければ小さいほど、遮音性能が優れていることを表しています。

床の遮音性能は仕上げ材だけでは決まりません。
ですので、フローリングに記載されている遮音性能より1段階下がると考え、より遮音性の高い製品を選んでおくようにすることが大切です。

□最後に
床の遮音性能を高める方法について解説してきました。
「床の遮音性能が低いせいで、ご近所さんとのトラブルになってしまう」なんてことは絶対に避けたいことですよね。
「床の遮音性能がしっかりしているか心配」というような方は、ぜひこの記事を参考にして、しっかりとした騒音対策を取っていただきです。