神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

d6adc15fb080cb5955a73a1105f38092_s

 

「家を建てる際、トップライトをつけたい。」
「トップライトの特徴やメリット、デメリットが知りたい。」

そのような思いはお持ちではないでしょうか?
トップライトとは、屋根の上部についてる窓も事を指します。
天窓やルーフウィンドウと呼ばれる事もあります。
そして、様々な種類のトップライトが存在します。
そこで今回は、トップライトの特徴やメリット、デメリットをご紹介したいと思います。

□固定式と開閉式

大きく2種類あります。
固定式は光を入れ込むのみで、開閉式は風を取り込む事ができます。


□開閉式 手動と自動

手で回転させて開け閉めしたり、高い所でしたら長い棒なので開け閉めする事ができるのが手動式になります。
それともう一つ、自動式があります。
今ではリモコンで開け閉めできる他、気温などで自動で開け閉めしてくれる機能もあります。

□メリット

・採光が得られる
トップライトをつける最大のメリットは、気持ちの良い採光を得られることです。
天井に設置するだけあって同じ大きさの一般の窓と比べたら3倍近くの光を得れます。
そして上から来る光は部屋全体に広がるので隅々まで光の暖かさを感じれます。

・プライバシーも安全
横窓の様にカーテンをしなくても外の目線を意識する必要がないです。
特に住宅街など密集している地帯ですと横窓では光が入りにくい場合があります。
その様な時でも上からの光は確実に入ってきます。


・家の中に風の通り道ができる

2階建てやそれ以上でしたら2階と1階の風の通り道を作る事ができます。
そして家全体に綺麗な空気を取り込み汚れた空気を排出するメリットがあります。
トップライトを付けると家中に風の通り道ができることによって換気がスムーズに行う事ができ夏になると涼しい風を部屋全体にもたらしてくれるでしょう。


□デメリット
やはり、夏の日射しは危険な一面もあります。
まさに上から来る光なので、特に南向きのトップライトでしたら気おつけましょう。
しかし、これはブラインドのカーテンなど日差しから守る設備が用意されてる事が多いです。
他にも、紫外線を防ぐ事ができるガラスなど夏の対策もされている事もあります。


□最後に

今回は、トップライトの特徴やメリット、デメリットをご紹介してきました。
トップライトの良さや少しは参考になったでしょうか?
上記で紹介した通りデメリットが少なくメリットがたくさんあります。
付けて損はない物となってますので、この期にご検討してみてはいかがでしょうか?

 

http://sekidesign.com/