神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

0666a1234bd009b530acf78b6f223105_s

 

「住宅建築を業者さんに頼む時、何から始めたらいいかわからない!」
「建築する時の流れを具体的に知りたい。」

このような思いはお持ちではないでしょうか?
一軒家を買うことは生涯で一番のお買い物になることは間違いないでしょう。
そんなお買い物の順序を知らずに進めるのは不安だと思います。
そこで今回は、住宅建築を頼んだ際の流れを解説したいと思います。


□プランと見積もりを決める

最初に見積もりを考えます。
自身の予算にあった中での最高の間取りそして、最高の場所を見つけましょう。
ここで大事なのが、付帯工事費や諸費用の見積もりも業者さんとしっかり話し合って決めましょう。
この時点で予算を超えてしまっている場合はもうすこしコストを抑えることをおすすめします。
契約時に間取りの見取り図など業者さんと最終チェックします。
見落としが無いように確認しましょう。


□住宅ローンの手続き

こちらの手続きは以後払っていかなければならない費用について決めます。
ですが、大体代行してやってくれますが自身の資金と見合わせて計画的に見積もりしましょう。
住宅ローンは後から変えることは基本できませんので早く返したい気持ちが先走ってしまい毎月の金額が増えてしまうことは避けましょう。

□工事開始

工事が始まる前にご近所の方に挨拶しとくと律儀ですね。
工事の騒音などで迷惑をかける場合も多々あると思うのでしっかり挨拶しましょう。
そして、担当業者さんとお菓子などの差し入れを持ち詳しい工事日程を説明し、地縄張りと地鎮祭を行います。
地縄張りと地鎮祭は一般的に行われるのですが、やらなくても良いです。
工事の安全をお祈りするために行います。
他にも工事してくれる方々に差し入れなど時々顔を出しに行くのもいいですね。


□竣工検査を行い完成

お家が完成したら業者さんと詳しく確認していきます。
竣工検査で壊れている場合修理を頼めます。
入居前の最終チェックなので見落としのないようにチェックしましょう。
その後、保証書や完了検査証や鍵を受け取りをして終了となります。

以上が住宅建築の流れになります。

□最後に

今回は、住宅建築を頼んだ際の流れを解説してきましたがいかがだったでしょうか?
少し大雑把な説明になりましたがここを押さえてればある程度スムーズに家を建てることができます。
是非、上記の流れを参考にして住宅建築ご検討ください!
皆さんに合った最高の物件が見つかることを心から願っております。

 

http://sekidesign.com/