神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

46f77506f5dd4ef01bc90bbf33af136d_s
「今のマンションは、遮音が良くないから引っ越したい」
「所有している中古マンションの遮音性を高めたい」
今回は、床の構造からみる床の遮音性能について解説していきます。

■床の中身
RC造・SRC造(ラーメン構造・壁式構造どちらも)の場合、まず、床の中にはコンクリート床(スラブと呼ばれる)があります。
この場合の床は、スラブの上に、
・直接フローリング材を貼る(直貼り工法)
・まず、垂直にくみあわせた木材や合板をはり、その上にフローリング材を貼る(根太床工法、剛床工法、二重床工法)
・まず、防振ゴムの支持脚の上に木材のパネルを置き、その上にフローリング材を貼る(置床工法、二重床工法)
などの流れで作られます。

S造(ラーメン構造)の場合、床は、垂直に交差する鉄骨の上にデッキプレートと呼ばれる構造を置き、
・直接フローリング材を貼る
・垂直にくみあわせた木材や合板をはり、その上にフローリング材を貼る
・デッキプレートにコンクリートを流し込んで固め、その上にフローリング材を貼る
・ALC(軽量気泡コンクリート)合板を置く、その上にフローリング材を貼る
などの流れで作られます。

グラスウールやスタイロフォームなどの断熱材がフローリング材の下に入ることもあります。
また、フローリング材の代わりに遮音フローリングやカーペット仕上げであることもあります。
このように、床の中身はマンションの構造・床の作り方によって様々です。

■床の構造と遮音性
1.スラブの厚さ
スラブ(コンクリート)は、本来、高い遮音性を有しています。
また、スラブが厚い方が、床への衝撃により生じる音を軽減できます。
もちろん、床下にスラブがない場合もあります。

2.床の厚さ
床に使われる材料の中に、音を増幅する性質のものは含まれていないので、基本的に床が厚ければ厚いほど遮音性は高まります。

3.仕上げ材
通常のフローリング材でなく遮音フローリング材を使った方が遮音性は高くなります。

■まとめ
・「RC造とSRC造」ではコンクリートの上にフローリング材を貼っていく。
・「S造」ではデッキプレートと呼ばれる構造の上にコンクリートを置く場合と置かない場合がある。
・コンクリートが厚いほど遮音性が高くなる。

以上が「マンションの床の遮音性能」床の構造編についての解説でした。
次回は、遮音性能の評価基準編を解説していきます。
株式会社seki.designは、兵庫県で中古マンションのリフォーム、建築・設計から住宅や店舗のリノベーション業務を行っています。
ご気軽にご連絡下さい。 http://sekidesign.com/