神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

今回はリノベーションの際に用いられることも多い トップライト(天窓)についてご紹介しようと思います。   そもそもトップライトとは 屋根に開けられた天窓など、上部からの採光(top lighting)のことです。   トップライトは一般の壁面の窓に比べて3倍の採光効果があると、 建築基準法上で規定されています。   それほど効率よく太陽の光を取り込み、明るい空間を実現できるのがトップライトということですね。   一般の側面に設置された窓より空間の隅々まで光を行き渡らせることが可能になるため、室内にいながら開放感を得ることができ、 外から見られる心配もなくなることでプライバシーを守ることもできます。   また、トップライトを設置するメリットは採光だけではありません。   建物の上下階の温度差によって、風が上下に通り抜け、汚れた空気を排出することができます。   これにより家全体に新鮮な空気を取り入れることができるのも大きなメリットと言えるでしょう。   最後に トップライトを取り入れたいのであれば、屋根のどの面に設置するのかを 相談した上で検討することをおすすめします。   http://sekidesign.com/