神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

住まいをリフォームするとき、もしくは新しく建てるとき、日照は最も重視される条件の一つですよね。   できるだけ明るい日差しを取り込み、暖かい部屋で過ごせるよう、南向きにこだわる人は少なくありません。   しかし夏の暑い時期に、南側や西側に大きくとった窓はやっかいな存在になります。   ガラスに太陽光や熱が集中し、窓辺を中心に室内の温度を上昇させます。 そこで注目したいのが「北側の窓」です。   北側の窓直射日光が当たらないという点でそれ以外の方角の窓と大きく違っています。   この直射日光が当たらないことによるメリットは少なくありません。   特に夏は室温がそれほど上昇することがないとうのが最大のメリットでしょう。   ただ悪い部分もあり、北側の窓は結露しやすいというデメリットもあります。   ただ、これは換気によって解決できる問題でもあり、 北側の窓からの風を取り込みやすくするのは夏のメリットも大きくすることができるのです。   総じて北側に窓を設置する、もしくは窓を大きくするというのは夏のためにも冬のためにも良い案と言えるでしょう。   http://sekidesign.com/