神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

住空間において小さなお子さんや、高齢の方などが怖いと感じる場所がいくつかあります。   一般的にご家庭内で怪我をされるのは、 階段やお風呂などでつまずいて転倒してしまうケースが比較的多い傾向にあります。   そもそもなぜつまずくのか?と考えた場合に 階段も含めて「段差」がその原因となっていることが分かります。   転倒しやすい部分は重点的にバリアフリー化をすることをおすすめします。   つまずきやすい場所に手すりを取り付けることや、階段にノンスリップ材を用いることで 住まいの不便を解消することができます。   このような年齢にかかわりなくより多くの人に必要なバリアフリーは、ユニバーサルデザインとも呼ばれています。   これらは基本設計として取り入れるべきものという認識をもたれろ良いでしょう。   またつまずきに関して、 段差にミニスロープを置くことや、段差付近に滑りにくいマットを付けることで 転倒しにくくすることも可能です。   ご自宅に小さなお子さんや、高齢の方がおられるのに何も対策をされていない場合は 簡単にできることからはじめてみても良いでしょう。   http://sekidesign.com/