神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

多くの人にとって「広い部屋」というのは理想でしょう。 しかし、物理的に「広い部屋」を手に入れることには、限界がでてくるのです。 そこで今回は部屋を広く見せるコーディネートのコツについて紹介します。 まず、壁と床の色を意識しましょう。 床面が広く見えれば見れるほど、部屋全体が広くなったような感覚が味わえます。 これは目の錯覚による作用です。 他にも、家具は低身長に合わせるようにしましょう。 この際、あまり高くしすぎないことがポイントになります。 高さに統一性を見出すことで、清潔感を出すことが可能です。 また適切な高さを選ぶことで、圧迫感を取り除くことができます。 家具やインテリアなどで悩んだ際は「奥行きを持たせるためにはどっちか」という質問をしてみましょう。 奥行きこそが部屋を広く見せる重要な要素なのです。 人間の目は便利にできているため、 床の面積がしっかりと見えており、 奥行きを感じられる部屋であると自然と「広い」と認識してくれます。 広く見える部屋にアレンジすれば、友達にも自慢できますよ!   http://sekidesign.com/