神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

4fc4667d386067658ec9c3768e1106c0_m

「注文住宅の間取りを考えている」
「どこに窓を設置するか迷う」

注文住宅を建てる時の一番の醍醐味と言えば、もちろん間取りを自分で考えているときですよね!

自分で設計した家で生活しているところを想像すると、ワクワクします!
そんな注文住宅ですが、完成した家の雰囲気を大きく左右するのが、窓の位置です。

一言で窓の位置といっても、窓の個数や高さなど、決めるべきことはたくさんあります。
その中で、今回は窓を設置する方角、特に北側の窓の魅力について、3つご紹介したいと思います!

■常に安定した日差しが入ってくる

東西南北それぞれの窓には、日差しがたくさん入って来る時間帯があります。
東向きの窓ですと、太陽が昇ってくるタイミングから10時ごろまでの間は、日差しが多く差し込みます。同様に、南向きの窓は、真昼の時間帯、西向きの窓ですと、夕方の時間帯にたくさんの日差しが入ってきます。

ここで、北側の窓の特徴として、直射日光ではないため、強い光ではないものの、1日を通して安定して日差しが入ってきます。

そのため、時間帯によってカーテンを開けたり閉めたりするという手間を省くことができます。
この北側の窓特有のメリットを活かして、北側に仕事部屋や書斎を持ってくると、日中にストレス無く生活することが可能です。

■南側の窓を活用することで風通しの良い家に

日中に多くの日差しが差し込んでくることから、南側に大きな窓を設置する方は多いのではないかと思います。
しかし、風通しという観点でみると、南側の窓だけでは、風通しの良い家と言うことはできません。

窓は1つだけ開ければ良いというものではなく、2つの窓を開けて、風の通り道を作ることで初めて、風通しが良くなります。また、その2つの窓が一直線上にあると、より効果的です。

そこで、南側の窓と同時に、北側の窓を設置することで、風通しの良い家を実現することができます。その意味でも、北側の窓を設置することにはメリットがあります。

■天窓も設置しやすい

注文住宅では、開放感のある家にするため、天窓を設置するという方もいらっしゃいます。

しかし、先ほどお話しした通り、東西南は太陽の通り道であるため、強い直射日光が差し込む時間帯があります。

それに比べて、北側は、直射日光が差し込むことがないため、日差しによるストレスを感じることなく、天窓を設置することが可能です。

■まとめ

様々な魅力を持つ、北側の窓!
注文住宅の間取りをお考えの際は、是非北側の窓をご検討ください!