神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

世界的に見ると日本の家は「小さい」ということは有名です。 だからと言ってため息をついてしまってはいけません。 小さい部屋でも工夫次第で広く見せることができるのです。 今日はそのためのテクニックをいくつか紹介しましょう。 まず最初に地面を見せるようにすることです。 地面の上にいろいろなものが散らばっている部屋よりも すっきりと片付いている方が感覚的に広く感じるのです。 次に、窓を大きくとるようにしましょう。 窓は人に開放感を与えます。 よって大きい窓を設置することで小さい部屋にいる、 という圧迫感をなくすことができるのです。 また、収納場所を賢く確保することも大切です。 具体的には横に長く収納場所を確保するのではなく、 縦に収納するように考えましょう。 人の目線よりも上に収納場所を作ることで死角となり、 すっきりと広い印象がつくれます。 最後に、派手な色を使用するのは控えましょう。 ビビッドカラーはおしゃれですが、 小さい部屋にたくさん使用すると圧迫感を与えてしまいます。 ビビッドカラーが好きな場合は、 アクセントとして使用するようにしましょう。 http://sekidesign.com/