神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅と建売住宅の違いを知ろう!

 

 

誰もが夢のマイホームを手に入れたいものです。
毎日を過ごす家は、納得のいくものにしたいですよね。
住宅にはどんな種類があるのかを知ることは非常に大切です。
そこで今回は、注文住宅と建売住宅の違いについて説明していきたいと思います!

・注文住宅
注文住宅は初めから自分の気に入った土地を購入し、その後に建物を検討して建てていくといったプロセスをとります。
注文住宅のメリットはなんといっても自由度が高いところです。
自分好みの間取りを作ることができるので、強い要望を持った方にはピッタリなのではないでしょうか。
設計を自由にできるというのは非常に大きなメリットです。
しかし、デメリットとしてその分完成するまでが少し長いのと、コストが比較的高いことが挙げられます。
たくさんの要望を反映させるために時間とコストがかかってしまうのは仕方がありません。
しかし、これから長く付き合っていくマイホームに投資すると考えると妥当なのではないでしょうか。
まとめると、マイホームにあまり手間と時間とお金をかけたくないという人は注文住宅にあまり向いていません。
反対に時間とお金をかけてじっくりと自分の理想の家を追求したいという人には注文住宅は最適だと言えるでしょう。

・建売住宅
一方、建売住宅は土地に建物を建ててある状態で購入するのが建売になります。
ですので、家を購入してからすぐにマイホームを手に入れることができます。
できるだけ時間をかけるのを避けて、すぐにマイホームを手に入れたい方にはおすすめできます。
また、土地の価格と建物が全て含まれているので、どれくらいの費用がかかるのかをすぐに知ることができるのもメリットの1つです。
そして建売住宅だと、購入後の生活のイメージをしやすくなるので、失敗して後悔したという思いをすることはないでしょう。
そのほかのメリットとしてコストが注文住宅で建てたときよりも安くなります。
ですので、コストを重視したい方はこの建売住宅の方がおすすめできます。
一方、建売住宅のデメリットとしては個性が出せないということです。
すでに完成している住宅なので、自由度が低いです。
ですので、家で自分を表現したい方には向いていません。
まとめると、時間とお金に余裕があって自分の理想を追求したい方は建売住宅に向いておらず、デザインにはあまりこだわらずコストをかけずに最短で家を建てたい方にはこちらの建売住宅に向いていると言えます。


いかがでしたでしょうか。
注文住宅と建売住宅の違いをわかっていただけたでしょうか?
失敗しない家づくりのために、ぜひ参考にしてみてください!

http://sekidesign.com/