神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

家を作る際に忘れがちなもののひとつが「動線」です。 動線とは人が動く際に通る道筋のことです。 設計の際に動線を意識すべき最大の理由は、 大枠の動線は後から変えられないからです。 小さな変更であれば後から家具などで微調整することがですが、 建築の設計における段階である程度は イメージしておくことがおすすめです。 動線を意識して建てた家で得られるメリットを紹介します。 まず、最初に移動する際にイライラすることがない点です。 例えば忙しい朝に自分の部屋からトイレまで急いでいるのに、 その道のりまでが遠かったり、障害物があるとイライラしますよね。 自分の習慣を意識して考えた動線を理解することで、 このようなイライラを取り除くことができます。 次に、怪我をしにくくなるという点です。 動線を確保する、ということは障害物を減らすということです。 すなわち小指を家具にぶつける、 といった怪我を防ぐことにつながるのです。 住居人の行動に合わせた動線を確保することで、 それぞれが動きやすい快適な家を手に入れることができるのです。 http://sekidesign.com/