神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

615ecad94d6f193ef114e79b62cb87da_s

 

住宅には様々なコンセプトがあり、和風に洋風などとそれぞれの特徴を持っています。和風の家と言えば部屋は畳で庭がある家を思い浮かべますが、和風でも和風モダンという家もあります。これは、現代の生活様式に和風の要素を取り入れたものであり、快適な生活をすることが可能です。

近年、畳のような和素材を家に用いるのがブームとなっており、それを十分に活かしたものが和モダンとなります。和の素材には、外壁には瓦や白壁、内装には白壁や珪藻土に畳、障子やふすまなどさまざま素材が存在します。これらをうまく取り入れて、和風モダンの家にしていくことです。

現代の生活様式風に和室をアレンジした和風モダンもあり、畳の真ん中にベッドを置くこともあります。しかし、和室に洋風のベッドを置くと雰囲気を台無しにしてしまうので、畳ベッドなどのように布団を敷いて寝ることができるベッドなどを使うことも、和風の雰囲気をそのままにベッドを使うことが可能です。普段使っているもので、形状を変えたりすることで、雰囲気を一気に変えることができます。

また、和風モダンにするにはちょっとしたふすまや障子をつけたりすることも、和風の雰囲気を出すことができます。和室と言えば障子やふすまなどを良く使用しているイメージですが、ドアが開き戸であっても、廊下からの明り取り用に小さな窓を作り障子をはめ込むことなどで、和風の要素を取り入れることも可能です。そのほかにも部屋と部屋の仕切りにふすまを利用するなども、違った雰囲気を味わうことができます。

このようなことをすることで、机や椅子はそのままに和の雰囲気の中で生活できるものが、和風モダンな家になります。洋風な家であっても、和風の雰囲気を感じるためにはこのようなことが必要になりますが、一部屋でも和室があればその部屋にいることで、和を感じることが十分可能です。

和風モダンと言っても、むやみに和の素材を取り入れると、家のコンセプトが変になってしまい違和感にしかならないこともあります。どのような和風の素材を取り入れて、どのような場所に使うのか、それらをきちんと考えて家づくりを行うようにしましょう。和風には和風の、洋風には洋風のそれぞれの良さがあるので、それぞれの特徴を損ねないようにバランスよく取り入れることが大事です。自分で決めることが不安な場合は、専門家などに相談をして失敗しない家づくりを行うことが重要になります。

 

 

http://sekidesign.com/