神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

みなさんは、一戸建の家の外装リフォームのタイミングをご存知でしょうか。 目安としては一般的に12年〜15年が目安です。 外装をリフォームをする時、メインになるのは外壁塗装です。 つまり、リフォームのタイミングは外壁塗装が必要なタイミングなんです。 でも、外壁塗装が必要なタイミングっていつなのか分かり難いですよね。 ​ そこで、外壁塗装のタイミングを示すサインをお教えします♪ それは、チョーキング現象です。 みなさんは壁を触ったら 手のひらに白い粉がついてしまった経験はありませんか? チョーキング現象とは、壁を触った時に 白い粉がついてしまう現象のことを指しています。 通常の外壁であれば、壁を触っても 多少埃っぽい色がつくだけですが、 チョーキング現象が起こっていると、 手のひらに白いチョークをこすったような汚れが付きます。 これは塗膜が劣化し、建物を保護する機能を 失いかけていることを示しています。 この現象を放置しておくと、 塗膜にヒビが入って雨漏りの原因になってしまったり、 カビが生えてしまったり、 汚れが流れにくくなってしまったりと トラブルが多くなってしまいます。 これらのトラブルが起きてからだと リフォーム工事費も上がってしまいますし、 場合によっては建物の柱や断熱材といった 大事な部分をいためてしまい、大規模な工事になりかねません。 ですので、チョーキング現象があると 外壁塗装が必要な時期にきているな。と思ってくださいね。 定期的にリフォームを行うことが家を長持ちさせる秘訣です。 建物のデザイン・リフォーム・リノベーションなら 神戸のseki.designにおまかせください。 http://sekidesign.com/